1. トップページへ戻る
  2. 新着情報
  3. 指導医からのメッセージ

新着情報

指導医からのメッセージ

武田 孝一先生 (自治医科大学附属病院 アレルギー・リウマチ科、平成25年度附属病院優秀指導医賞受賞)

武田 孝一

はじめまして。アレルギー・リウマチ科の武田孝一(卒後8年目)と申します。 私は横浜市立大学を卒業後、恩師である感染症科の矢野晴美先生(現:水戸協同病院 グローバルヘルスセンター 感染症科)を追うようにして、自治医大で初期研修を始めました。様々な経験を経て、現在は、感染症、リウマチ膠原病 の専門医をもった, 総合診療医を目指しています。

このメッセージを読んで下さっている方は、自治医大以外にも、研修先の候補として悩んでいる病院があるかもしれません。何を目標とするかによって、向き・不向きがあるかと思いますが、私自身は自治医大を強くお勧めします。それは、自治医大には、座学、師、修羅場(困難な仕事)という、自分を磨き、成長するための、重要な要素がつまっているからです。分からない問題に対面した時の、文献検索ツールの充実は際立ち、多くの同期・先輩医師がいるため、医師として、人間として、師と呼べる人間に出会う可能性は高いでしょう。また、地域の基幹病院である自治医大で働く限り、逃げることができない状況で、困難に立ち向かい、成長する機会がきっとあると思います。

最後になりますが、私は、初期研修医の頃は、自身の仕事の能力としての、"スキル"を追い求めることで頭がいっぱいでした。一方、医師として8年間仕事をしてきた過程で、様々な患者さん、職種の方とコミュニケーションをとり、医学生・研修医へ指導する機会が増えれば増えるほど"スキル"と同じくらい"マインド=人間力"の重要性を痛感するようになりました。"論理によって納得し、感情で動く動物"と言われる人間を、日々相手にする仕事だからだと思います。学生の皆さんには是非、"できるレジデント"だけではなく、"できる・できたレジデント"目指して頑張ってもらいたいと思います。いつか皆さんにお会いできることを楽しみしています。

| 

このページのトップへ戻る