1. トップページへ戻る
  2. 新着情報
  3. 指導医からのメッセージ

新着情報

指導医からのメッセージ

富永経一郎 先生 (自治医科大学附属病院 救急科 平成26年度附属病院優秀指導医賞受賞)

富永経一郎

大学病院でしか経験のできない先進医療、また市中の中核病院で多く経験するcommon diseaseや慢性期疾患のmanagement。どちらも医師として欠かすことのできない大切な領域です。
大学で初期研修をスタートさせても市中病院でスタートさせても、いずれはそれぞれを学ばなければなりません。
僕は北里大学を卒業後、大学でのしっかりとした教育のもとで各内科をまわり医師としての基本を構築したかったので、自治医大での初期研修を選択しました。

当院の救命救急センターは地方の中核病院としての機能も持つため多発外傷や重症感染症、広範囲熱傷、心疾患、脳血管障害等、多様な3次救急だけでなく、多くの1次~2次救急の症例が来ます(この辺りは、多くの医療機関または救命救急センターが集中する僕の地元神奈川や都心部とは少し様相が違います。)

救急科の研修時には、全ての症例において(上級医は必ず傍におり、どんな質問や疑問にも細かく指導してくれますが)救急初療室での対応からその後の入院管理、方針決定に至るまで一貫して1人で受け持ち決定していく事になります。
重症度が高く、蘇生処置や入院管理も難渋する症例が多いため、研修当初は戸惑い疲弊しますが、上級医の熱心な指導や優秀な同期に支えられ、3か月後の研修終了時には驚くほど急性期疾患の知識や治療に精通し切迫した状況でも冷静に対応できるようになりました。

初期研修終了後も自治医大に残り、救急科の一員として現在に至ります。

自治医大は特殊な大学で卒業生が母校に残りません(栃木県出身者を除いて)そのため、現在当院で勤務する約700名の医師は出身地も出身大学も本当に様々です。

各科を支える若手から中堅のほとんどは、初期研修を当院で行い、高い研修満足度と熱心な上級医のいる素晴らしい教育環境に魅力を感じ、母校や出身地に帰らずそのまま残った医師達です。

自分が受けた熱心な指導を、初期研修医にもできる限り施してあげよう。当院の初期研修を支える指導医の熱心さや教育環境は、そこから来ていると感じます。

自治医大で初期研修をして本当に良かった!!

当院に来た研修医全員に心の底からそう感じて貰えるよう、僕自身これからも全力で指導に当たりたいと思います。

皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

前へ次へ

このページのトップへ戻る