1. トップページへ戻る
  2. 新着情報
  3. 臨床研修を振り返って

新着情報

臨床研修を振り返って

ジュニアレジデント2 内山 歩

内山先生 顔写真.JPG

初期研修も残りわずかになりました。働き始めて最初の数か月は、病棟業務に慣れず時間がかかり迷惑をかけることもありました。一から熱心に指導してくださる上級医や共に働く同期、また病棟の温かい看護師の方々に支えられながら、日々充実した研修を送ることができました。ローテートしたそれぞれの診療科において、最新の医学知識を含めた診断や治療、自宅退院もしくは転院へ向けた支援など、個々の患者さんに応じた最適な医療をどのように提供していくかについて深く考え学ぶことができました。
また、患者さんやご家族を始め上級医や医療スタッフとのコミュニケーションも大変勉強になり、その難しさを実感しました。
今後は、初期研修2年を通して学んだことを十分に活かし、患者さんやご家族にとって最善の医療を提供できるようこれからも研鑽を積んでいきたいと思います。

ジュニアレジデント2 三玉 唯由季

三玉先生.pngあっという間に初期研修の2年間が過ぎ去っていった。この2年間は想像以上に無力だった。実際の臨床現場で必要な知識や技術があまりに多かった。ただ、悲観しても仕方がなく、国家試験合格祝いの席で部活の顧問の先生から頂いた「知識や経験で及ばないのは当然のこと。その中で、患者に寄り添うなど自分のできることを一生懸命頑張りなさい。」
との言葉を胸に、とにかく頑張った。勿論、少しずつだが仕事にも慣れてきた。しかし、今でも自分の無力さと無知さを感じ「勉強しないと」と焦る日々を過ごしている。この感覚は今後しばらく、もしくはずっと続くのだろう。初期臨床研修は終わってしまうが、初心を忘れずに、その日その日を精一杯過ごし貪欲に知識を吸収したいと思う。
最後に、初期研修でお世話になった指導医の先生をはじめ、関わらせて頂いた先生、コメディカルの方や事務員さん、卒後臨床研修センターの方にこの場を借りて心から御礼申し上げます。

ジュニアレジデント2 堀内 俊男

IMG_0835.JPG

研修病院を選ぶ理由は人それぞれで、多くの手技・症例を経験したい人、ライフバランスを重視する人、地理的条件などそれぞれの思惑があったことだろう。
私は希望科を回って専門科決定のために大学病院を選択した。研修生活を終えようとしている今、振り返ると学生の時に回らなかった科を志望とすることができたのはほぼ運命だったかのように思える。
「診断は時に楽しく、いつも辛い」との言葉があるが、忙しく時に辛い(?)研修生活を、上級医と友人に恵まれ、乗り越えることができた。多くの研修医がいることは、言い返せばいつでも同期に相談できる環境にあり、同期の大切さはどのクールでも共通して言えることであった。
日常のカンファレンスを通して、プレゼンテーション能力が最初よりは身についたのか、多くの学会発表ができたことも研修生活で得た事の一つだろう。
時は加速の一途をこれからも辿っていくと思われるが、研修前の初心を忘れず、今後の専門科でも活かしていきたい。

 

 

このページのトップへ戻る