1. HOME
  2. 特殊有床診療部門のご案内
  3. 脳卒中センター

脳卒中センター

脳卒中センターでは、急性期脳卒中に対する集学的な治療管理を院内各部門の連携を効率よく行うことで、24時間体制で行います。

診療内容・対象疾患

脳卒中センター

  • 脳梗塞に対する超急性期rt-PA治療
  • クモ膜下出血に対するクリッピング術および血管内手術を含む集学的治療
  • 脳出血に対する急性期診断治療
  • 脳梗塞に対する急性期診断治療
  • 脳動脈瘤、血管奇形等の血管病変に対する診断および外科的治療(血管内手術を含む)
  • 閉塞性脳血管障害に対する診断および外科的治療(血管内手術を含む)
  • 脊髄血管障害に対する診断および外科的治療(血管内手術を含む)
  • 「栃木県脳卒中医療連携」の中核として、脳卒中地域医療連携を行っている。

対象疾患

  • 脳卒中(急性期)
    脳梗塞(一過性脳虚血発作を含む)、クモ膜下出血、脳出血
  • 閉塞性血管障害
    頭蓋内血管、頚部頚動脈、椎骨動脈、鎖骨下動脈等の狭窄および閉塞性病変
  • 頭蓋内血管病変
    脳動脈瘤、脳血管奇形(脳動静脈奇形、海綿状血管腫、静脈性血管腫等)
  • 脊髄血管障害(血管奇形、動脈瘤など)

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

診療体制

神経内科、脳神経外科、血管内治療部、救急部を中心に24時間体制で脳卒中の救急診療を行います。また、その他の脳血管障害(脳動脈瘤、血管奇形、閉塞性血管障害)、脊髄血管障害の診断、治療を行います。

診療(治療)方針

脳卒中の急性期の診断、治療を24時間体制で行い、さらに地域脳卒中医療連携を充実させ早期リハビリを行います。また、慢性期における脳血管障害の診断および外科的、内科的治療を行います。

得意分野

  • 脳梗塞に対する超早期TPA治療
  • クモ膜下出血に対するクリッピング術および血管内手術を含む集学的治療
  • 閉塞性血管障害に対する外科的治療(血管内手術を含む)

先進医療・特殊医療

クモ膜下出血、脳梗塞に対する血管内治療

主な検査

  • 脳血管造影(3次元脳血管造影)
  • 超音波検査(頸動脈エコー、経食道心エコー、経頭蓋カラードプラ、下肢静脈エコーなど
  • MRI
  • CT
  • SPECT
  • 光トポグラフィー
  • 神経超音波検査

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ