スタッフ紹介

教授(兼) 長嶺 伸彦

教授(兼)
長嶺 伸彦

経歴

昭和56(1981)年 自治医科大学卒業
昭和56(1981)年~平成2(1990)年
宮崎県内の国立(大学)・県立・市立・町立・村立病院・保健所等勤務
平成3(1991)年 自治医科大学消化器内科入局
平成8(1996)年 医学博士号取得
平成9(1997)年 消化器内科助手
平成10(1998)年 地域医療学助教授(消化器内科兼務)
平成19(2007)年 救急医学准教授(消化器内科兼務)
平成26(2015)年 救急医学教授(消化器内科兼務)

専門・実績

食道胃静脈瘤・門脈圧亢進症(超音波内視鏡・腹腔鏡応用)の診断と治療
平成6(1994)年:北京医科大学との肝臓病共同研究(中国僻地での腹部超音波集団検診)
平成7(1995)年および平成11(1999)年:国際協力機構(JICA)の支援事業、コートジボアール(象牙海岸)共和国(西アフリカ)における内視鏡的治療専門技術の現地指導(周辺5ヶ国:ブルキナファッソ、マリ、トーゴ、ベナン、ニジェールの医師も参画)
平成17(2005)年~平成22(2010)年:医学系OSCE実施小委員会委員(医療系大学間共用試験実施評価機構)

所属学会

日本内科学会(認定医、指導医)
日本消化器病学会(専門医、指導医、関東支部評議員) 日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医、関東支部評議員、学術評議員)
アメリカ消化器内視鏡学会(国際会員)
日本肝臓学会(専門医、指導医、東部会評議員)
日本超音波医学会(専門医、指導医、代議員)
日本レーザー医学会(認定医2種)
日本門脈圧亢進症学会
日本救急医学会(BLS、ICLS認定医)
日本プライマリーケア学会
身体障害者福祉法指定医
難病指定医
小児慢性特定疾病指定医