スタッフ紹介

教授 松原 茂樹

教授
松原 茂樹

経歴

昭和54(1979)年 自治医科大学卒。
僻地診療所勤務(伊豆七島新島・利島)。
昭和63(1988)年 自治医大大学院終了。
自治医大産婦人科講師、助教授、
平成14(2002)年より
教授。
総合周産期母子医療センター副センター長兼任。

専門・実績

臨床面では周産期医学全般を、基礎面では電子顕微鏡的細胞化学を専門とする。胎盤機能形態、早産・妊娠中毒症の病態を単一細胞レベルで解析。新規細胞化学手法の導入。

所属学会

日本産婦人科学会(代議員)、日本胎盤学会(評議員)、日本組織細胞化学会(評議員)、日本周産期・新生児医学会(暫定指導医)、超音波学会、顕微鏡学会 など