スタッフ紹介

教授 大口 昭英

教授
大口 昭英

経歴

昭和62(1987)年 自治医大卒。
僻地中核病院勤務(氷見市民病院)、保健所勤務(高岡・氷見保健所)、僻地診療所勤務(上平西赤尾診療所)。
富山県立中央病院産婦人科医長
平成10(1998)年 自治医科大学産婦人科病院助手
平成12(2000)年 同助手及び上都賀総合病院責任医長
平成14(2002)年より
自治医大産婦人科講師。
平成19(2007)年より
自治医大産婦人科准教授
平成27(2015)年 自治医大産婦人科教授(学内)

専門・実績

周産期医学・臨床疫学。子宮動脈血流速度波形の拡張早期notchの定量化法、血清マーカー及び家庭血圧測定を用いた妊娠高血圧症候群の発症予知に関する臨床研究。

所属学会

日本産婦人科学会(認定医)、日本妊娠高血圧学会、日本新生児学会、日本生殖免疫学会、International Society of Study of Hypertension in Pregnancy、等。