各種部門のご案内
  1. トップページ
  2. 各種部門のご案内
  3. 患者サポートセンター

患者サポートセンター

今日の医療は、地域全体で連携・機能分担する事によって患者様を支える「地域完結型」に移行しております。以上を踏まえて、地域の医療機関・介護福祉機関・行政機関等との連携を充実・強化し、医師、看護職、MSW、事務職員からなる体制で、院内各部門と協力して活動しています。

この患者サポートセンターの活動方針は次のとおりです。

  1. 第3次医療機関(特定機能病院)としての機能を図る。
    具体的には、
    • 紹介、逆紹介の推進、早期退院・転院の推進
    • 地域医療連携体制の支援(地域連携パス・2次医療機関との手術連携等)
    • 栃木県保健医療計画への対応
    • 移植に関する支援
  2. 安心して地域で生活できる環境づくりを支援する。
    具体的には、
    • 在宅療養、転院支援 (医療・福祉・行政機関との連携)
    • 継続的な生活支援の強化
  3. 安心して療養生活に専念できる相談体制を構築する。
    具体的には、
    • 療養中の心理的、社会的支援
    • 社会保障制度活用の支援
    • がん相談窓口の円滑な運営
    • 患者サポート体制の円滑な運営

地域医療連携室

地域医療連携室では、地域の病院・医院と当院が患者の皆様を治療する上でスムーズに連携が図られるよう次のような業務を行っています。

  1. FAX紹介患者の予約受付
  2. 紹介元医療機関への報告支援
  3. 連携協力医療機関への認定証発行
  4. 本院退職医師の会「同門会」の庶務
  5. 地域医療機関への情報発信(研究会・レター)
  6. 地域医療機関からの相談対応
  7. とちまるネットに関すること

医療福祉相談室

医療福祉相談室では、病気よって生じるさまざまな経済的・社会的・心理的問題を、患者・ご家族の皆様と一緒に軽減・解消し、患者様やご家族が安心して療養生活や退院生活を送ることができるように、社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)がご相談をお受けしております。

  1. 医療費や生活費などの心配ごと
  2. 通院・入院を問わず、療養中の心配ごと
  3. 治療を続けるための環境づくり
  4. 福祉制度・サービスの活用
  5. 各種施設、医療機関等の利用方法
  6. ご意見・ご要望

・・・など、まずはご相談下さい。

看護支援室

看護支援室では、当院での治療後に在宅医療に移行する患者さんに対して、安心して自宅で療養を継続できるように、入院中から地域の在宅診療医、訪問看護師、介護支援専門員、相談支援専門員等と連携し退院支援を行います。
また、再生医療センターと連携し先進医療である臓器移植に関する相談にも対応しています。

  1. 在宅療養・転院支援
  2. 養育支援
  3. 臓器移植の相談
  4. 肝炎相談
  5. 地域連携クリティカルパスの支援

入退院支援室

入退院支援室では、入院治療を必要とする予定及び緊急入院患者さんが、スムーズに入院できるように、病院全体の共用病床を効率的に活用しベットコントロールを行っています。
また、入院予定の患者さんと面談を行い、入院及び退院後に予測される医療的、社会的問題を把握し、早期から介入できるよう関連部署との連携を取っています。

ボランティア支援室

ボランティア支援室では、患者さんが安心して治療に望めるように、より快適な治療環境を整えるための一助としてボランティアの活動を推進しています。病院職員にとってはボランティアの方々の一般の市民感覚の提案を受け、常に患者中心の医療の実践に寄与できることを目指しています。