HOME  RESEARCH  MEMBER  PUBLICATION  ALBUM  RECRUIT  NEWS & TOPICS  CONTACT & ACCESS  LINK JAPANESE  

     
Nov. 3, 2017  Prof. Kato and Dr. Yamamoto, Dr. Hayakawa attended The 77th Annual East Brunch Meeting of the Japanese Society of Parasitology.
Prof. Kato made a presentation of his study result.

加藤教授、山本講師、早川助教は第77回日本寄生虫学会東日本支部会に出席し、加藤教授は研究成果を発表しました。





Oct. 31, 2017  Dr. Yamamoto won the excellent paper prize of Jichi Medical University in 2017.

山本講師が平成29年度自治医科大学医学部優秀論文賞を受賞しました。





Oct. 12-13, 2017  Mr. Takayuki Shimojo and Mr. Yutaka Kubota (Eiken Chemical Co., Ltd) gave a practice .Album 2017

外来招聘講師として栄研化学株式会社の下條誉幸氏、久保田誠氏をお招きし、学生実習を指導していただきました。⇒アルバム 2017





Oct. 10, 2017  A practice on Medical Zoology started on Oct. 10.Album 2017

平成29年度(2017)医動物学実習が始まりました。期間:平成29年10月10日~10月24日。アルバム 2017






Sep. 14, 2017  Dr. Kenji Onishi (Ebara Hospital, Tokyo) gave a lecture of entamoeba amebiasis.Album 2017

非常勤講師の大西健児先生に、「赤痢アメーバおよび赤痢アメーバ症」について学生に講義をしていただきました。アルバム 2017





Sep. 11, 2017 Mr.Teruyuki Kobayashi (a non-fiction writer) gave a lecture on Medical Zoology of Nansei Islands of Japan.Album 2017

ノンフィクション作家の小林照幸氏を外来講師としてお招きし、「南西諸島の医動物学今昔物語」と題して学生に講義をしていただきました。⇒アルバム 2017





Sep. 7, 2017  The 16th Jichi Medical School Symposium was held. Dr.Yamamoto was a speaker.

第16回自治医科大学シンポジウムで、山本講師が「遺伝子改変技術を用いたマラリアベクターにおける唾液腺機能の解析」を講演しました。






Sep. 7, 2017  A lecture on Medical Zoology started on Sep. 7.Album 2017

平成29年度(2017)医動物学講義が始まりました。期間:平成29年9月7日~10月25日。アルバム 2017






Aug. 29-30, 2017 Prof. Kato visited Tsushima Hospital in Nagasaki for CBL (Community-Based Learing) .

加藤教授は地域医療実習(CBL)のため長崎県の対馬病院を訪問しました。



Aug. 7, 2017 Students of Tortoise Middle visited our laboratory and observed various parasites.Album 2017

放課後等デイサービス トータスミドルの生徒さん達が来訪し、寄生虫を観察しました。アルバム 2017





July. 26-27, 2017 We held a course of Parasitology in Futuer Creation University for children in Tochigi. Elementary school students and Junior high school students attended our course.Album 2017

2017 とちぎ子どもの未来創造大学にて「虫のいいムシ?寄生虫を観察してみよう」という講座を当部門で設け、小学生や中学生に寄生虫を観察してもらいました。
アルバム 2017




July. 8-15, 2017 Prof. Kato visited Thailand for a field research on leshmaniasis. He gave a special seminor in Naresuan University, and had meetings on collaborative study in Naresuan University and Mahidol University.Album 2017

加藤教授がタイのリーシュマニア症発生地域や周辺地域において、サシチョウバエの捕獲調査を行いました。また、ナレースワン大学やマヒドン大学において、特別セミナーや共同研究の打ち合わせを行いました。
アルバム 2017





June. 14-15, 2017 Dr. Hayakawa attended The 59th Annual Meeting of the Japanese Conference on the Biochemistry of Lipids.

早川助教が第59回日本脂質生化学会に参加しました。





May. 28-29, 2017 Prof. Kato and Dr. Hayakawa attended The 86th Annual Meeting of the Japanese Society of Parasitology, and they made a presentation of their study results.

加藤教授と早川助教が第86回日本寄生虫学会大会に参加し、研究成果を発表しました。




May. 26-27, 2017 Dr. Yamamoto attended The 53th Annual Meeting of Arthropodan Embryological Society of Japan, and he made a presentation of his study result.

山本講師が日本節足動物発生学会第53回大会に参加し、研究成果を発表しました。




May. 14, 2017 Prof. Kato visited yamanashi prefecture in Japan to collect Miyairigai (Oncomelania hupensis nosophora) with Dr. Kirinoki (Department of Tropical Medicine and Parasitology, Dokkyo Medical University) , and they visited Sugiura-iin in showa city. ⇒Album 2017


加藤教授が、獨協医科大学熱帯病寄生虫病学講座准教授桐木先生と共に、ミヤイリガイ採集のため山梨県を訪れました。また、山梨県昭和町風土伝承館杉浦醫院を訪問しました。⇒アルバム 2017





May. 11, 2017 A special lecture was held. speaker: Prof. Hiroshi Kiyono(Division of Mucosal Immunology, Department of Microbiology and Immunology, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo), title: From Mucosal multi-ecosystem for symbiosis and infection-control to development of the rice-based oral vaccine, MucoRice.

自治医科大学大学院医学研究科 教育委員会主催 大学院特別講義にて、東京大学医科学研究所 炎症免疫学分野 教授 清野 宏先生に「腸管マルチエコシステムによる共生と感染制御からコメ型経口ワクチンワクチンMucoRice開発へ」としてご講演いただきました。




Apr. 14-16, 2017 Prof. Kato and Dr. Yamamoto attended The 69th Annual Meeteng for the Japan Society of Medical Entomology and Zoology,
and they made a presentation of their study results.

加藤教授と山本講師が第69回日本衛生動物学会大会に参加し、研究成果を発表しました。




Apr. 1, 2017 山本大介先生が講師に昇任されました。




Mar. 14, 2017 We held The 2nd Joint Meeting of Department of Infection and Immunity.

自治医科大学 感染・免疫学講座合同研修会を開催しました。





Mar. 9, 2017 Prof. Kato and Dr. Yamamoto attended The 3rd Tokyo Vector Encounter International Symposium onFrontier Science of Pathogen-transmitting vectors. Prof. Kato was a guest speker.

国際シンポジウム 第3回東京ベクターエンカウンター「病原体媒介節足動物研究の最前線」に当部門から加藤教授、山本助教が参加し、加藤教授が招待講演を
行いました。





Feb. 2017 Master students of Ashikaga Institute of Technology and a member of NGO (HANDS; Health and Development Service) visited
our laboratory.We hope our friendship and collaboration continues.

ケニア、タンザニア、エチオピア、コートジボワールの留学生(足利工業大学)とNGO:HANDSスタッフが研究室訪問。アフリカは、マダニ媒介感染症
による家畜被害が多く、複数のマダニ標本の観察を行いました。子供の頃に駆虫経験のある回虫/条虫の標本観察を行いましたが、実際に目にした
のは初めてとのことでした。ケニアでも保健プロジェクトを実施しているHANDSと交流し、未来へ繋がります。


Kenya: Nicholas Maundu (Ministry of Energy and Petroleum), Sam Kosgei (Ministry of Energy and Petroleum), Kiprop Eliud (Engineer), Geoffrey
Ronoh (Toyota Kenya), John Ochieng Anyango (National Youth Service Engineering Institute), Benson Kipkemboi (Kenya Industrial Research 
and Development Institute), Ruth Jepkorir (Benson's wife).
Tanzania: Dickson Kindole (Ministry of Industry, Trade and Investment). Ethiopia:
Chalew Alehegn Tsegaye (Peacock Shoe Factory). Ivory Coast: Nguessan Oufle Amalama Christian (Ivorian Company of Tropical Technology).

Tokyo
: Miyako Shinohara (HANDS).




Feb. 15, 2017 Dr. Mitsuhiro Iyori (Laboratory of Vaccinology and Applied Immunology, Kanazawa University School of Pharmacy) visited
our laboratory for collaborative study.

金沢大学医薬保健研究域薬学系ワクチン・免疫科学研究室の伊従光洋先生が、共同研究のため来訪しました。





Feb. 1, 2017  Mr. Kunitaka Yoshida (Laboratory of Vaccinology and Applied Immunology, Kanazawa University School of Pharmacy)visited
our laboratory for collaborative study.


金沢大学医薬保健研究域薬学系ワクチン・免疫科学研究室の吉田邦嵩さんが、共同研究のため来訪しました。





Jan. 21-22, 27, 2017 Miss Minami Kato (Tsukuba International School) visited our laboratory for studying the influence of copper on
mosquito larvae as a part of
personal project.

つくばインターナショナルスクールの加藤 陽さんが、パーソナルプロジェクトの一環で、蚊の幼虫に対する銅の影響を調べるため来訪しました。
       
     
       
       
       
Copyright@Division of Medical Zoology, Department of Infection and Immunity, Jichi Medical University all right researved.
No reproduction or republication without written permission.