国際交流

HOME > 国際交流 > お知らせ > 2010年度 > JICA保健衛生管理セミナーを実施しました

research

国際交流のお知らせ

JICA保健衛生管理セミナーを実施しました

2010年5月26日

5月26日(水)、独立行政法人国際協力機構及び国立保健医療科学院の外国人研修員と職員29名が来学しました。同機構は「平成22年度保健衛生管理セミナー」の実施機関であり、昨年度に引き続き、セミナーの充実を図るため本学を訪問したいとの申し出があり、これをお受けしたものです。当日は、地域医療情報研修センターにおいて、中村好一教授(地域医療学センター公衆衛生学部門)から大学概要説明、総合診療部の神田健史病院助教(総合診療部)による「卒業生の地域での活動」、石川鎮清准教授(地域医療学センター地域医療学部門)による「JMUコホート研究」、岡山雅信准教授(地域医療学センター地域医療学部門)による「本学COEプログラム、大規模地域ゲノムバンク推進事業」の各講義が行われた他、リハビリテーションセンター、救命救急センターを見学されました。

また、懇親会には、高久学長、富永医学部長、国際交流委員会委員長の鈴川教授及び副委員長の屋代隆教授、国際医療文化研究会の学生が参加し、外国人研修委員との活発な意見交換が行われました。
 

  • 講義の様子
    講義の様子
  • 講義の様子
    講義の様子
  • 救急センターの見学
    救急センターの見学
  • 救急センターの見学
    救急センターの見学
  • リハビリテーションセンターの見学
    リハビリテーションセンターの見学
  • 懇親会
    懇親会