国際交流

HOME > 国際交流 > お知らせ > 2013年度 > 看護学部生8名の海外研修を王立ブータン大学において実施しました

research

国際交流のお知らせ

看護学部生8名の海外研修を王立ブータン大学において実施しました

2013年9月27日

期間:平成25年8月24日(土)〜9月1日(日)

アジア地域の看護問題や健康問題を学び、国際的な視野を広げることを目的に看護学部生8名(引率教員3名)の海外研修を王立ブータン大学(RIHS;Royal Institute of Health Sciences)において行いました。

現地では、RIHS教員から授業を受け、ブータンの健康問題や看護についてディスカッションし、また、看護実習への参加や医療機関・サテライト診療所の見学、市場・公共施設・家庭における住民との交流等を行いました。この研修は、学生がTranscultural Nursingや国際看護・国際協力を理解する貴重な体験にもなりました。

  • RIHSの朝礼
    RIHSの朝礼
  • RIHS教員による授業
    RIHS教員による授業
  • 国立病院 母子保健指導室
    国立病院 母子保健指導室
  • DRUGYAL BASIC HEALTH UNITにて
    DRUGYAL BASIC HEALTH UNITにて
  • RIHS看護学生との病院実習
    RIHS看護学生との病院実習
  • RIHS看護実習学生と
    RIHS看護実習学生と
  • 歓迎会におけるRIHS学生との交流
    歓迎会におけるRIHS学生との交流