国際交流

HOME > 国際交流 > お知らせ > 2017年度 > JICAより外国人研修員の訪問を受入れました

research

国際交流のお知らせ

JICAより外国人研修員の訪問を受入れました

2017年6月12日

5月31日(水)、独立行政法人国際協力機構(JICA)から、外国人研修員及び職員の計17名が来学しました。同機構が実施する「課題別研修保健衛生管理セミナー」の充実を図るため、本学は、訪問の依頼を受けて、毎年この受入れをしています。

当日は、地域医療情報研修センターにおいて、石川鎮清教授(医学教育センター兼地域医療学センター)からの大学概要説明に引き続き、阿江竜介講師(地域医療学センター公衆衛生学部門)から「JMU Graduates in Rural Area ?From Medical Students to Physicians-」と題して、春山早苗看護学部長から「自治医科大学における看護教育」と題して講義が行われました。午後は、附属病院、とちぎ子ども医療センター、メディカルシミュレーションセンターでの見学の後、記念棟13階で展望見学を行いました。

また、懇談会も開催され、西野国際交流委員長およびIMC(国際医療文化研究会)の学生が参加し、地域医療についての活発な意見交換が行われました。

(学事課)

  • JICAより外国人研修員の訪問を受入れ
  • JICAより外国人研修員の訪問を受入れ
  • JICAより外国人研修員の訪問を受入れ
  • JICAより外国人研修員の訪問を受入れ