国際交流

HOME > 国際交流 > お知らせ > 2017年度 > [医学研究科] 大学院修了生が母国のインドネシアで活躍しています

research

国際交流のお知らせ

[医学研究科] 大学院修了生が母国のインドネシアで活躍しています

2017年10月23日

9月23日、インドネシア大手紙KOMPASに、平成26年度に本学脳神経外科の博士課程を修了したDr. Edmi Rizki Edisonが、本学で得た脳に関する知識や経験が注目され、取材を受けました。記事が掲載されましたので紹介します。

(要約)
「薬物中毒はどのようにして起こるのか?」この記事は、脳内にあるドーパミンという物質が人の快楽に及ぼす影響について書かれています。人が喜びを探すことはごく自然なことですが、なんらかの刺激で脳内にたくさんのドーパミンが作られるとDopamine-flood(「ドーパミンの洪水」)と呼ばれる精神状態に陥ります。Dopamine-floodは、前頭葉の機能を著しく低下させ、中毒症状を引き起こす原因と考えられています。

KOMPAS

KOMPAS