第32回 学 術 集 会

第32回学術集会に向けて

 

 第32期会長
 輿水 崇鏡
 自治医科大学医学部


 この度、第32回日本下垂体研究会学術集会を、平成29年8月2日より8月4日の日程で鬼怒川温泉にて開催させて頂く事となりました。 昨年のハワイ大会での大きな収穫を引き継ぎつつ、自由な雰囲気の中で、下垂体とその関連領域の研究者達が学び、次代が巣立つ機会になればと存じます。 本学術集会の特長は、多様性にあると思います。 下垂体の成り立ちと機能、病態を研究テーマの軸としつつ、下垂体の上位からの調節機構や、下垂体のホルモンが全身の各所で、どのように相関を持ちつつ働くかも重要な話題です。 下垂体が脊椎動物の初期から観察されることから、発生過程や進化過程を例えば腫瘍研究にあるいはその逆方向に役立てるなど、普段の領域の中では思いつかない端緒を発見することが可能です。 基礎や臨床の分野を超え、学部の枠を超えて異なる専門の研究が集うことにより、多様な意見が交換され、新しい視点を提供してくれる機会となることを期待しております。

 特別講演は、自治医科大学の永井良三学長にお願いいたしました。 永井先生は、臨床、研究、教育の広い分野で比類ないご活躍をされています。何よりも今後の我が国の学術、科学について示唆に富むご講演を皆様と共有できる貴重な機会になることと思います。 その他にも、講演者やシンポジウムの企画を鋭意準備しております。

 学部生、大学院生、若手研究者の育成支援の一環として、優秀発表賞が用意されています。 奮ってご応募をお願いいたします。 また、宿泊と学会場が同一で例年の合宿形式といたしました。 尽きない議論の疲れは温泉で癒していただけましたらと存じます。 栃木県での開催は遡って第14回大会以来18年振りとなります。 会場の近隣には見事な渓谷や世界遺産である日光の社寺、中禅寺湖など見所が多くありますので、学会の前後にはお気軽に足を伸ばしていただけると思います。 至らぬ点もあるかとは存じますが、学術集会をより実りあるものとなるよう幹事会の協力を得つつ準備を進めて行きます。 多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

会 期: 2017年 8月 2- 4日(水-金)
会 場: 鬼怒川温泉「鬼怒川グランドホテル
     〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1021
     TEL. 0288-77-1313(代) FAX. 0288-77-3344

(2016年10月24日)