トップ > 医学部 > 緩和医療講座 > 自治医科大学緩和医療講座のカリキュラム

緩和医療講座

自治医科大学緩和医療講座のカリキュラム

基本事項:

  1. 全国共通の医学生が普遍的に用いることを念頭に緩和ケア教育の系統だった講義を行なう。
  2. コアカリキュラムは,本講座の個性に偏ることのないように,2009年にデルファイ変法を用いて筑波大学木澤義之先生のまとめられた、「大学医学部・医科大学卒前教育における緩和ケア学習到達目標」を基にした。同シラバスは,Education in Palliative Care(http://kanwaedu.umin.jp/)の中のhttp://kanwaedu.umin.jp/curriculum/curriculum.pdfに公開されている。
  3. PEACE project (日本緩和医療学会, 厚労省による緩和ケア研修会)の資料やUniversity of Albertaの緩和ケアの医学生の講義資料などを一部利用させていただいた。
  4. 講義資料は、pdfでダウンロード可能な形で公開している。

教育目標:

緩和ケアI
  1. 緩和ケアの基本を身につける。
    1. 緩和ケアの歴史,概念を知る。
    2. 緩和ケアに必要な症状コントロールとは何かを学ぶ。
    3. 緩和ケアに必要な態度を身につける。
  2. 緩和ケアに必要なコミュニケーションの基礎を身につける。
  3. 緩和ケアに必要な職種間の連携を学ぶ。
  4. 緩和ケアに必要な地域連携を学ぶ。
緩和ケアII
  1. 症状コントロールの基本を身につける。
    1. 疼痛コントロールの基本を身につける。
    2. トータルペインとは何かを知る。
    3. その他の症状コントロールの基本を身につける。
  2. 緩和ケアに必要な精神腫瘍学の基礎を学ぶ。
  3. 緩和ケアに必要な予後予測,代替療法などの考え方を学ぶ。

PDFでの講義資料公開にあたりまして:

  • 資料を個人的に利用される場合を除き,教育・講演,その他に用いられる場合は,予め,本講座の了解を得てください。メールでの連絡先は,kanwairyou@jichi.ac.jpです。
  • この資料をご覧になられて,ご意見・ご要望・ご質問などがございましたら,本講座までメール(上と同じです)でご連絡ください。
  • 医学生を中心とした緩和医療教育そのものに対して,あるいはその普及に対してのご意見も広く求めております。合わせて,本講座までメール(上と同じです)でご連絡ください。

過去のカリキュラム