トップ > 医学部 > 緩和医療講座

地自治医科大学 臨床医学部門 外科学 形成外科学部門

新着情報

2013年6月4日
地域緩和ケアの教育・研修のための国際シンポジウムの報告書を公開しました
2013年6月2日
2012年度の講義資料M3M5分をpdfで公開しました。
2013年5月31日
緩和医療講座閉鎖に伴う変更を行いました
2013年1月16日
M6医師国試向け緩和ケア補講資料 をアップロードしました
2012年3月8日
公開カリキュラム資料に「緩和ケアII(1)疼痛コントロール」を追加しました
2012年2月1日
ホームページを公開しました。


緩和医療講座とは

緩和医療講座は、2010年4月に日本財団の寄付講座として開講し、2013年3月で閉講しました。

「全国の医学生のための緩和ケア教育のカリキュラムを作り普及を図る」ことを使命とし、本講座では、別途公開しましたように、緩和ケアの系統だった講義を十数コマに分けて施行し、臨床実習などを含め、全学年を通して教育に努めました。 緩和ケア講義の資料は自由にみていただくことができますし、旧講座のオリジナルの箇所は当方の許可だけで利用可能です。

また、「在宅緩和ケアの教育・研修のための国際シンポジウム」を2010年度、2011年度に行い、2012年度には「地域緩和ケアの教育・研修のための国際シンポジウム」と改称して行いました。2013年度からは、自治医科大学附属病院緩和ケア部に帰属して、教育・臨床・研究のさらなる発展に努めております。