トップ > 医学部 > 緩和医療講座 > 緩和医療とは

緩和医療講座

緩和医療とは

自治医科大学緩和医療講座のホームページへようこそ。
最近、緩和ケアは注目を浴びるようになりました。しかし、緩和ケアって何かと、改めて聞かれると、「終末期医療」だったり、がんの患者さんの痛みのケアだったり、よくご存知ない方が少なくありません。

WHOの2002年の緩和ケアの定義には、「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。」と書かれています(日本ホスピス緩和ケア協会の和訳より)。さらに、分かりやすく一言で表すのは、大変ですが、「ゆっくり、楽に、自分らしく」をサポートする医療であると、外来では患者さまやご家族にお話しています。

緩和ケアには、若干の知識と原則を守る頑固さと個々に対応する柔軟性とチームで対応する協調性が大切です。
研修を希望される医師の方には、日単位、週単位、月単位、年単位で対応いたします。した。豊富な臨床例を経験し、充実した研修になることと確信しております。
見学をご希望の医学生の方は、研修教育センターへご連絡ください。一日の見学でも新しい発見が得られると思います。
緩和ケアをご希望の患者さまは、自治医科大学附属病院の緩和ケア部のホームページから、受診方法をご確認ください。