産学官連携

HOME > 産学官連携 > ライフサイエンス・研究倫理 > 補償

補償

補償

平成27年4月1日から施行の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、侵襲(軽微な侵襲を除く)を伴う研究であって通常の診療を超える医療行為を伴うものを実施する場合には、研究対象者に生じた健康被害に対する補償を行うために、あらかじめ、保険への加入その他の必要な措置を適切に講じることが義務付けられています。

また、研究機関の長は、当該研究機関の実施する研究に関連して研究対象者に健康被害が生じた場合には、これに対する補償その他の必要な措置が適切に講じられることを確保しなければならないとされています。

臨床研究保険(治験(医師主導治験)保険および再生医療等臨床研究保険)を販売している保険会社は以下のとおりです。

・損害保険ジャパン日本興亜株式会社
・東京海上日動火災保険株式会社
・三井住友海上火災保険株式会社

お問い合わせ
研究支援課 内線:2871



人を対象とする医学系研究に関する倫理指針  (平成26年12月22日制定)

第2章 研究者等の責務等
第5 研究責任者の責務
1 研究計画書の作成及び研究者等に対する遵守徹底
(3)研究責任者は、侵襲(軽微な侵襲を除く。)を伴う研究であって通常の診療を超える医療行為を伴うものを実施しようとする場合には、当該研究に関連して研究対象者に生じた健康被害に対する補償を行うために、あらかじめ、保険への加入その他の必要な措置を適切に講じなければならない。

◎ 厚生労働科学研究に関する指針へリンク

自治医科大学
大学事務部 研究支援課
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL. 0285-58-7550
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 3575

自治医科大学
臨床研究支援センター
臨床研究企画管理部 管理部門
TEL. 0285-58-8933
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 2871 もしくは 2571

モニタリング・監査に関する窓口
rksc_monitor@jichi.ac.jp

プロトコル相談に関する窓口
rksc_protocol@jichi.ac.jp