産学官連携

HOME > 産学官連携 > 産学官連携 > 利益相反

利益相反

利益相反マネージメント・ポリシー

◎ 利益相反マネージメント・ポリシーとは?

産学官連携活動を推進する過程において、教員が企業等との関係で有することになる利益等が本学の使命や教職員に求める責務と衝突する状態、すなわち「利益相反(Conflict of Interest:COI)」が生ずることになります。
活発な研究活動が行われ、産学官連携活動が盛んになればなるほど利益相反は必然的、不可避的に発生し、日常的にマネージメントを行う必要があります。
このため、本学教職員が安心して産学官連携活動に取り組むことができる環境を整備することを目的として、平成21年4月1日、「学校法人自治医科大学利益相反マネージメント・ポリシー」を定めたところです。
利益相反マネージメント・ポリシーは、産学官連携活動を行う上で必ず発生する利益相反状態を大学がマネージメントするための基本的な考え方をとりまとめたものであり、個々の状況等により対応が異なりますので、疑問点や手続につきましては、研究支援課までお問い合わせください。

◎ 自己申告書の提出はどのように行うの?

教職員は、毎年1回(原則4月)、学長あてに前年度の該当状況を自己申告していただきます。
また、補助金申請・臨床研究倫理審査等の特定目的のために利益相反の管理を受ける必要がある場合には、随時、学長あてに申告していだたきます。
提出された申告書は、利益相反マネージメント・ポリシーに基づくワーキンググループがとりまとめて、利益相反委員会に報告することになります。
ワーキンググループは委員会の指示により、必要に応じて教職員へのモニタリングを行い、適宜、委員会に報告することになります。
(提出する申告書は必ず控えをおとりください。)

申告書種類 該当項目が無い場合の提出 提出時期
前年度申告用(補助金・臨床研究除く) 年度初め
特定目的申告用※ 厚生労働省科学研究費 実績報告書提出時
臨床研究倫理審査 不要 研究申請の都度
その他(AMED等の補助金等) 必要に応じて

※「研究課題名」と関連のある事項のみ、該当ありにチェックをお願いします。

◎ 厚生労働科学研究に関する指針へリンク

Adobe Reade Download PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

自治医科大学
大学事務部 研究支援課
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL. 0285-58-7550
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 3575

自治医科大学
臨床研究支援センター
臨床研究企画管理部 管理部門
TEL. 0285-58-8933
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 2871 もしくは 2571

モニタリング・監査に関する窓口
rksc_monitor@jichi.ac.jp

プロトコル相談に関する窓口
rksc_protocol@jichi.ac.jp