産学官連携

HOME > 産学官連携 > ニュース&トピックス > 2012年度 > 先端治療開発部の寺谷工特任講師が第40回日本膵・膵島移植研究会学会賞を受賞しました

Kenkyushien

ニュース&トピックス

先端治療開発部の寺谷工特任講師が第40回日本膵・膵島移植研究会学会賞を受賞しました

2013年3月5日

自治医科大学先端治療開発部は、大塚製薬工場との共同研究を行い、数々の特許技術を共同出願してきました。「組織保存液の評価法」は2008年暮れにPTC出願され、国内だけでなく海外でも特許が成立し始めています。

本技術は、先に本学で開発された全身にルシフェラーゼ遺伝子を組み込んだラットの細胞・組織・臓器を用いて、保存中のATP活性を可視化する技術です。寺谷講師は、本技術を用いて保存により劣化したラ氏島を間葉系幹細胞が分泌する成分が賦活化することを突き止めました。そしてこの現象が、劣化したブタやヒトのラ島にも応用できることを発表し、臨床応用可能な技術として今回の受賞を受けました。

寺谷工特任講師

自治医科大学
大学事務部 研究支援課
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL. 0285-58-7550
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 3575

自治医科大学
臨床研究支援センター
臨床研究企画管理部 管理部門
TEL. 0285-58-8933
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 2871 もしくは 2571

モニタリング・監査に関する窓口
rksc_monitor@jichi.ac.jp

プロトコル相談に関する窓口
rksc_protocol@jichi.ac.jp