産学官連携

HOME > 産学官連携 > ニュース&トピックス > 2013年度 > 京都大学視察団が本学のCDAMTecを訪問しました

Kenkyushien

ニュース&トピックス

京都大学視察団が本学のCDAMTecを訪問しました

2013年8月27日

近年、医療研究・教育における大型実験動物の重要性がクローズアップされております。自治医科大学先端医療技術開発センター(CDAMTec)ではMRI並びにCT撮影装置が完備されており、既に同システムを利用した動物実験や医療技術トレーニングを活発に行っています。また、当センターでは、まもなく幹細胞・創薬基盤研究を展開するための培養室の新設やトレーニング専用の手術支援ロボットシステム(ダヴィンチ)が導入される予定であり、我が国でもっとも充実した大型実験動物施設として国内外から注目されています。

2013年8月21日、京都大学医学部において建設計画が進行している大型実験動物を用いた動物実験施設の建設にあたり、本学の先端医療技術開発センターを参考とするため、京都大学附属病院副院長の坂田隆造先生(心臓血管外科教授)を団長とする視察団13名がCDAMTecを訪問しました。

永井良三学長との面会のあと、渡辺英寿センター長、國田智動物資源開発部門長、小林英司先端治療開発部門長並びに菱川修司医療技術トレーニング部門准教授がCDAMTecの施設概要、運営形態や方法、研究・研修利用実績等に関する説明を行いました。その後一行は2時間に亘りCDAMTec内を視察し、今後の京都大学との共同研究や運営連携について意見が交わされました。

  • 京都大学視察団

  • 京都大学視察団

自治医科大学
大学事務部 研究支援課
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL. 0285-58-7550
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 3575

自治医科大学
臨床研究支援センター
臨床研究企画管理部 管理部門
TEL. 0285-58-8933
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 2871 もしくは 2571

モニタリング・監査に関する窓口
rksc_monitor@jichi.ac.jp

プロトコル相談に関する窓口
rksc_protocol@jichi.ac.jp