産学官連携

HOME > 産学官連携 > ニュース&トピックス > 2016年度 > [医学部] 急性期脳卒中患者における脳機能個人差を見極めることでより正確な運動が実現できることを発見

Kenkyushien

ニュース&トピックス

[医学部] 急性期脳卒中患者における脳機能個人差を見極めることでより正確な運動が実現できることを発見

2017年1月18日

研究概要

自治医科大学 医学部 先端医療技術開発センター 脳機能研究部門の櫻田武 研究員・平井真洋 准教授、医学部 脳神経外科学講座の渡辺英寿 名誉教授らの研究グループは、上肢に麻痺を呈する脳卒中患者が得意とする注意の向け方には個人差があり、その認知機能特性に基づいた注意の向け方を採用することでより正確な運動が実現できることを明らかにしました。

運動機能障害に対するリハビリテーションを行う際、より高い訓練効果を得るためには、運動中における脳の認知機能の働きが重要であり、特に 注意の向け方 は運動パフォーマンスに強く影響することが指摘されています。この点について、多くの従来研究では、運動中の注意を「身体動作(Internal focus)」ではなく、「外部環境(External focus)」に向けることでパフォーマンスが向上することが示されてきました。例えば、ボールをつかんで運ぶような作業療法であれば、「手の動き」ではなく、「ボールを移動させる際の軌道」に注意を向けることでより良い運動が実現するとされてきました。

同研究グループはこれまで健常成人を対象として、より良い運動パフォーマンスを得るために「身体動作」あるいは「外部環境」のどちらに注意を向けるのが最適かに関して、個人差があることを明らかにしてきました。本研究では新たに急性期脳卒中患者を対象とし、麻痺側上肢で運動を行う際の最適な注意の向け方を検証しました。まず、脳卒中患者における脳機能個人差を評価するため、質問紙により運動イメージ能力を定量化しました。その結果、筋感覚(体で感じる感覚情報)に基づく運動イメージが得意な患者と視覚(目で見た情報)に基づく運動イメージが得意な患者に分かれることが明らかとなりました。次に、コンピュータマウスを操作して画面上の円軌道をなぞる運動を行うと、筋感覚運動イメージが得意な患者の多くは、「身体動作(手先)」に注意を向けることで正確な運動が遂行できたのに対し、視覚運動イメージが得意な患者の多くは、「外部環境(画面)」に注意を向けることで正確な運動が遂行できることが明らかとなりました。

正確で巧緻な運動を実施することは、リハビリテーション効果を高めるためにも重要と言われています。今回の結果から、運動パフォーマンスを向上させる最適な注意の向け方は患者ごとの認知機能特性に応じて異なることが明らかとなり、従来示されてきた「外部環境への注意」の効果が万人共通ではないことを示唆しています。この知見は個々の脳の特性(イメージ能力の個人差)に基づく新たなテイラーメード・リハビリテーションプログラムの開発に繋がることが期待されます。

本研究成果は、Nature系の国際科学誌 Scientific Reportsに掲載されます(電子版:英国時間 2017年1月17日 10:00)。また、本研究は日本学術振興会 若手研究(B)(研究課題「脳卒中患者の認知機能個人差に基づく上肢麻痺リハビリテーション効果の促進」,研究代表者 櫻田武)などの助成を受けて行われました。

掲載論文

題名

Improved motor performance in patients with acute stroke using the optimal individual attentional strategy

著者

Takeshi Sakurada(櫻田武・自治医科大学 先端医療技術開発センター 脳機能研究部門),Takeshi Nakajima(中嶋剛・自治医科大学 脳神経外科学講座),Mitsuya Morita(森田光哉・自治医科大学 神経内科学講座),Masahiro Hirai(平井真洋・自治医科大学 先端医療技術開発センター 脳機能研究部門),Eiju Watanabe(渡辺英寿・自治医科大学 脳神経外科学講座)

掲載雑誌

自治医科大学
大学事務部 研究支援課
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL. 0285-58-7550
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 3575

自治医科大学
臨床研究支援センター
臨床研究企画管理部 管理部門
TEL. 0285-58-8933
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 2871 もしくは 2571

モニタリング・監査に関する窓口
rksc_monitor@jichi.ac.jp

プロトコル相談に関する窓口
rksc_protocol@jichi.ac.jp