産学官連携

HOME > 産学官連携 > 戦略的研究費等 > 「日本型地域ケア実践開発研究事業」

「日本型地域ケア実践開発研究事業」

「日本型地域ケア実践開発研究事業」

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
「日本型地域ケア実践開発研究事業」

研究目的

看護師がチーム医療の中で機能できるための卓越した地域ケアスキル・トレーニングプログラムの開発研究、並びに地域特性に応じた当該看護師の教育・支援システムの開発研究により、日本型地域ケア実践を開発する。

テーマ1:「地域ケアスキル・トレーニングプログラムの開発研究」
看護師が、チーム医療の中で機能していくために必要な、複雑・高度な臨床判断能力と侵襲性の高い医療技術を備え、キュアとケアを統合できる卓越した地域ケアスキルを獲得するためのトレーニングプログラムの内容及び教育方法を明らかにする。

テーマ2:「地域ケア実践看護師の教育・支援システムの開発研究」
看護師がキュアとケアを統合できる卓越した地域ケアスキルを獲得するための教育体制及び地域ケアスキル獲得後のフォローアップシステムの要素とその関連を明らかにし、地域特性かつ医療施設の機能別の検討を加えてシステム構築のための指針を作成する。

研究概要

本事業は本学大学院看護学研究科が主体となり、本学地域医療学センター及び附属病院、同看護職キャリア支援センター、メディカルシミュレーションセンター等の協力を得て実施する。本事業では「地域ケアスキル・トレーニングプログラムの開発研究」と「地域ケア実践看護師の教育・支援システムの開発研究」を実施し、前者にはプログラム開発・推進委員会とプログラム実施・評価委員会を、後者には地域ケア実践看護師教育システム委員会と地域ケア実践看護師フォローアップシステム委員会を設置し、各研究を推進する。

加えて、4委員会の委員長と学外の専門家等による事業評価委員会を設置し、年次計画の進捗状況と達成度を点検・評価し、その結果を各委員会にフィードバックしながら本事業を推進する。

期待される効果

地域ケアスキル・トレーニングプログラムの開発により、現在、へき地を含む地域医療に従事している看護師の中から複雑・高度な臨床判断能力と侵襲性の高い高度な医療技術をもち、キュアとケアを統合できる地域ケアのリーダーとなり得る看護師を育成することができる。また、地域ケアスキルを獲得し、地域医療の中で機能できる卓越した看護師を育成することができる。

地域ケア実践看護師の地域特性に応じた教育・支援システムを開発することにより、地域特性や保健医療福祉資源の相違があっても地域ケアスキルを獲得した看護師の定着・資質向上が持続される。

以上のことから、地域ケアを担う人材育成から教育・支援システムの構築まで日本型地域ケア実践が体系化されるとともに、わが国の地域医療における医師と看護師の協働モデルを提示することができ、医師の負担軽減並びに地域医療の質向上と活性化に寄与する。

自治医科大学
大学事務部 研究支援課
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL. 0285-58-7550
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 3575

自治医科大学
臨床研究支援センター
臨床研究企画管理部 管理部門
TEL. 0285-58-8933
FAX. 0285-40-8303
学内からは内線 2871 もしくは 2571

モニタリング・監査に関する窓口
rksc_monitor@jichi.ac.jp

プロトコル相談に関する窓口
rksc_protocol@jichi.ac.jp