自治医科大 腎臓外科学部門

  1. トップページ
  2. レジデント・大学院生募

腎臓外科学部門 教室員・研修医募集

泌尿器科専門医の他、透析専門医、腎移植認定医、腎臓専門医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、内分泌外科専門医の資格取得が可能で、これら領域の専門家を育成します。また学位取得、留学を積極的に指導します。

問い合わせ先:腎臓外科学部門 直通電話:0285-58-7471

E-mail:kidney-s@jichi.ac.jp

レジデント・大学院生募集

腎臓センター外科部門(腎泌尿器外科学講座 腎臓外科学部門)ではレジデント・大学院生を募集しています。


研修内容、特色

  1. 前期研修終了後、腎泌尿器疾患や腎不全の外科領域の研修、そしてこの領域の専門医取得を目標とします。具体的には日本泌尿器科学会専門医、日本透析医学会認定医、日本腎臓学会専門医、腎移植認定医取得を目指した研修を行います。また、前期研修終了後の大学院生も募集しています。
  2. 腎臓外科では主に腎移植、腎不全、透析関連の外科、外科的腎泌尿器疾患の診療、研究を行いますがその性質上、泌尿器科、腎臓内科との連携を密にして専門的技量、知識と専門医取得のためのカリキュラムを組んでいます。
  3. 泌尿器科研修に加え、腎不全関連の研修を行うことの出来る施設は本邦においては数少なく、内容のある充実した研修が可能です。
  4. 現在、本邦には約30万人の慢性腎不全患者がおり、透析や腎移植による治療を必要としています。そして、毎年新たに1万人の患者が増え続けています。そこでこの領域を専門とする医師、とりわけ外科系医師の育成は医療の現場における大きな課題となっています。自治医科大学附属病院には腎臓センターが開設されており、腎臓内科と共にこれらの診療に当たっております。そして、腎臓外科では外科的側面から診療、研究を進めておりますが、症例数は豊富で専門医育成のための認定施設ともなっています。
  5. 腎泌尿器外科の研修はもとより、腎移植(月に2〜4例)、透析用シャント手術・CAPD関連手術(年間約300例)、その他の腎不全外科手術、泌尿器腹腔鏡手術などの研修が可能です。いずれも主治医として、あるいは術者として研修を積むことが出来るようにカリキュラムを設定しています。
  6. 研修指導は日本泌尿器科学会指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本透析医学会指導医、日本腎臓学会指導医、腎移植認定医が行います。
  7. 研修と同時に臨床研究も指導し、学会発表や論文作成を積極的に進めます。また希望者には臓器移植、移植免疫、腎不全外科、腎泌尿器疾患領域の基礎研究にも携わる機会も設けます。
  8. 後期研修終了後には各専門医の取得はもとより、学位取得、大学院進学や海外留学も積極的に指導致します。またスタッフとして診療を続けるほか、市中病院における診療の道も開いています。

※詳細については下記にご連絡下さい。
〒329-0498  栃木県下野市薬師寺3311-1
自治医科大学 腎臓外科(腎臓センター外科部門):安藤 真理子、八木澤 隆
電話:0285-58-7471(医局)
FAX:0285-44-2800
E-mail: kidney-s@jichi.ac.jp



(C)Division of Renal Surgery and Transplantation, Jichi Medical University. All Rights Reserved.