自治医科大 腎臓外科学部門

  1. トップページ
  2. 研究
  3. 腎移植

腎臓外科学部門 診療内容一覧

腎臓外科学部門 教室員・研修医募集

泌尿器科専門医の他、透析専門医、腎移植認定医、腎臓専門医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、内分泌外科専門医の資格取得が可能で、これら領域の専門家を育成します。また学位取得、留学を積極的に指導します。

問い合わせ先:腎臓外科学部門 直通電話:0285-58-7471

E-mail:kidney-s@jichi.ac.jp

腎移植ドナー生検組織中のKlotho mRNAの調査

 自治医科大学 腎泌尿器外科学講座 腎臓外科学部門
病院講師 木村 貴明

1. 研究の意義と目的
 生体腎移植では、慢性的なドナー不足から、高齢ドナーなどのマージナルドナーが増えています。ヒトの老化に類似の症候を示すマウスにおいて同定されたKlotho遺伝子は、抗加齢遺伝子として認識されており、慢性腎臓病患者や動物実験では、加齢や腎障害の進展に伴いその発現が減少することが知られています。また、私たちに研究から、腎機能正常者ではKlotho遺伝子は年齢や腎機能には関連がなく、腎臓の尿細管障害を抑制する可能性を確認しました。本研究は、腎機能正常者のKlotho mRNAが、遺伝子レベルで、年齢や腎機能ではなく、腎臓の細胞障害を抑制することを確認することを目的とします。

2. 研究期間
 許可されてから平成31年3月31日まで

3. 研究方法
 本研究は、厚生労働省の「ヒトゲノム遺伝子解析研究に関する倫理指針」を守り、倫理委員会の承認のうえに実施されます。2015年1月から2016年12月までに本学附属病院で腎移植を受けたドナー及びレシピエントの臨床情報や各種検査結果、病理組織学的所見について、経時的に比較します。
 病理組織標本は、手術時に採取し移植前の腎組織情報として保存されている検体のみを使用させていただき、新たな検体の採取は行いません。患者様に新たに生じる負担はありません。

4. 個人情報の保護
 標本とデータは連結可能匿名化という方法で、誰のデータかを特定出来ない様にして解析を行います。対象となった患者様の個人を特定する情報が公開されることはありません。本研究に不参加を希望される方は、下記の連絡先までご連絡ください。

5. 結果の公表
この研究の結果は、研究に関連する学会で報告し、関連分野の学術雑誌に論文として公表する予定ですが、個人情報は一切公表いたしません。


問い合わせ先
【研究担当者】
自治医科大学 腎泌尿器外科学講座 腎臓外科学部門
病院講師 木村 貴明
〒320-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1 電話:0285-58-7471
【苦情の窓口】
自治医科大学 研究支援課
電話:0285-78-7550


(C)Division of Renal Surgery and Transplantation, Jichi Medical University. All Rights Reserved.