自治医科大 腎臓外科学部門

  1. トップページ
  2. 研究
  3. 腎移植栄養学

腎臓外科学部門 診療内容一覧

腎臓外科学部門 教室員・研修医募集

泌尿器科専門医の他、透析専門医、腎移植認定医、腎臓専門医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、内分泌外科専門医の資格取得が可能で、これら領域の専門家を育成します。また学位取得、留学を積極的に指導します。

問い合わせ先:腎臓外科学部門 直通電話:0285-58-7471

E-mail:kidney-s@jichi.ac.jp

腎移植後の身体組成変化と臨床的・栄養学的因子の解明 〜栄養学的因子が術後の合併症やアウトカムに影響を与えるか〜

 自治医科大学附属病院 臨床栄養部
管理栄養士 川畑奈緒

「腎移植後の身体組成変化と臨床的・栄養学的因子の解明
〜栄養学的因子が術後の合併症やアウトカムに影響を与えるか〜」へのご協力のお願い

 腎臓外科、臨床栄養部では、腎移植患者さんにおいて、移植後1年間の身体組成の変化と、それらに影響を与えている臨床的および栄養学的因子を明確化すること、またそれらが術後合併症予防や予後の改善に寄与するか否かを検討します。この研究の対象患者さんからはインフォームド・コンセントを頂かないことになっていますが、『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』および『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針ガイダンス』 第5章 第12・6に基づき、以下の通り情報公開をいたします。本研究の対象患者さんに該当する方で、データの提供を希望されない方は下記までお申し出ください。その場合、その患者さんのデータは解析に含めません。尚、希望しない旨をお申し出ていただいても、匿名化後はデータを省くことが出来ませんのでご了承ください。

1. 研究期間
 許可されてから平成36年3月31日まで

2. 研究の意義
 腎移植患者さんの身体組成変化とそれに関与する臨床的・栄養学的因子が確認できます。また移植後の身体組成変化と、高血圧、糖尿病、脂質異常症の新規発症ならびに増悪の関連が明らかになります。さらに移植後の身体組成変化とグラフト生着率や生存率との関連が明確化され、腎移植後の栄養サポートの指針作成の際に有用と考えられます。

3. 該当する患者さん
 本学附属病院の腎臓外科における入院および外来患者のうち、20歳以上で、全身性の活動性感染症、活動性肝炎、悪性腫瘍または生命を脅かす疾患を有する患者さんを除いた患者さんが対象になります。

4. 研究方法
 腎移植時(移植前、移植後1週間)、3ヶ月、6ヶ月後および1年後にIn Body 770による生体電気インピーダンス測定により測定した身体組成(体重、体脂肪率、体脂肪量、除脂肪量、筋肉量、水分量)の情報と食物摂取頻度調査による食事調査の結果を栄養指導報告書から抽出し、収縮期および拡張期血圧、血液生化学的検査[Hb、HbA1c、総蛋白、血清Alb、BUN、Cr、総コレステロール、HDL-C、LDL-C(Friedewaldの式より換算)、TG、尿酸、ナトリウム、クロール、カリウム、リン]と、24時間蓄尿における尿量、蛋白質、Crおよびナトリウム、処方薬を診療録から抽出します。

5. 研究機関
 自治医科大学附属病院 腎臓外科、腎臓内科、内分泌代謝科、臨床栄養部

6. 個人情報の保護について
 患者さんの氏名やID番号が削除され、匿名化された情報のみを使用いたしますので、個人情報は秘匿されます。

以上より、本研究へのデータ提供を希望されない方は、下記の問い合わせ先までご連絡下さい。

研究に関する相談等への対応
【問い合わせ先】
研究責任者
所属:自治医科大学附属病院 臨床栄養部
職名:管理栄養士 氏名:川畑奈緒
電話番号:0285-58-7574 学内内線番号:2092 PHS:7308
e-mail:nkawabata@jichi.ac,jp
【苦情の窓口】
自治医科大学大学事務部研究支援課(電話:0285‐58‐7576)


(C)Division of Renal Surgery and Transplantation, Jichi Medical University. All Rights Reserved.