教育・研究施設

HOME > 教育・研究施設 > 先端医療技術開発センター > 動物資源開発部門

動物資源開発部門

動物資源開発部門

講座名

先端医療技術開発センター    動物資源開発部門

講座・部門紹介

2009年(平成21年)に、実験用ブタ(ミニブタ)を用いた医療技術トレーニングおよび研究研究の拠点として先端医療技術開発センターCDAMTecが開設されました。これに伴い、実験医学センター内の動物管理・研究支援機能の一部がブタ等の大型実験動物に特化した動物資源開発部門として独立し、CDAMTecの1部門として活動を開始しました。動物資源開発部門は以下の役割を担っています。

  1. CDAMTecで使用される高品質な実験用ブタの飼育管理・獣医学的管理を担当しています。また、センター内で実施される各研究分野の動物実験および医療技術トレーニングにおけるサポートチームとして、周術期の麻酔・疼痛・健康管理、ならびに試料採取や生体解析時に技術的支援を提供し、実験精度の向上に貢献しています。全職員が協力し、年365日体制で、安全性の確保や動物福祉の実践に配慮した高度な研究支援を提供し続けています。
  2. 教育・研究に使用する実験用ブタは、目的に合致した品種・体格・年齢の個体を選定して使用する必要があります。そのために品種ごとの測定データや画像データを収集し、データベース化することに取り組んでいます。また、ブタ摘出組織を教育・研究用資源として有効利用することを検討し、その有用性の評価を行っています。

スタッフ

教授(兼)國田智 講師 伊藤拓哉

研究紹介

  • 実験用ブタの高品質な飼育管理および獣医学的管理に関する研究
  • 実験用ブタの周術期管理に関する研究
  • E型肝炎ウイルス等のブタ由来人獣共通感染症に関する研究
  • テレメトリーによるブタ循環動態の評価系に関する研究
  • ミニブタに最適化した各種投薬プロトコールに関する研究
  • ブタ摘出組織の教育・研究用資源としての有効利用に関する研究

関連組織

教育担当分野

  • CDAMTecでin vivo実験および医療技術トレーニングを行う研究者・研修生に対し、動物実験倫理に関する講習を行っています。

連絡先

TEL: 0285-58-7456
FAX: 0285-44-8629
E-mail:  piglet@jichi.ac.jp