教育・研究施設

HOME > 教育・研究施設 > 分子病態治療研究センター > 人類遺伝学研究部

人類遺伝学研究部

人類遺伝学研究部

講座名

分子病態治療研究センター   人類遺伝学研究部
大学院医学研究科   博士課程 環境生態学系環境生態医学分子遺伝学

講座・部門紹介

人類遺伝学研究部はヒトの遺伝に関わる研究・教育・診療に携わっています。臨床では、小児科や産科等、各科と連携しながら、遺伝性疾患の診断やカウンセリングを行っています。倫理的な配慮が特に必要とされる出生前診断や発症前診断については、パラメディカルも参加するカンファレンスにおいて慎重な議論を重ねた上で実施を決定しています。これらの実績により、本学は臨床遺伝専門医研修施設として認められています。遺伝子診断技術については、国内外のラボの技術を取り入れつつ開発に努め、少しずつ保険診療にも取り入れられつつある遺伝子医療を実際の医療現場へ展開しています。教育においては、医学部の「人類遺伝学」の講義を担当し、基礎遺伝学から発展著しい遺伝子診療まで適応できる能力が身につくようカリキュラムを組んでいます。大学院教育においては、「人体機能学」の講義を担当するとともに、様々な遺伝性疾患の遺伝因子解明を目標に、遺伝解析の指導を行っています。また、必要に応じ、そこに関係する遺伝子の分子生物学的解析についても指導しています。

スタッフ

教授 岩本禎彦 教授(兼)奥田浩 助教 渡邉和寿

研究紹介

研究面では、ヒトの遺伝に関して、基礎研究や遺伝疫学的研究を行っています。特に、遺伝性疾患のなかでも頻度が高い生活習慣病は、環境因子だけでなく複数の遺伝因子が複雑に絡み合って発症すると考えられており、解明が遅れていることから、これを中心的テーマとして研究を展開しています。このために、国内外でフィールド調査を行い、膨大な研究試料の収集を行ってきました。これを用いて遺伝疫学解析を行うことによって、日本人に関する遺伝因子の解明だけではなく、異なる他民族との違いを比較することによって遺伝子と食習慣との複雑な関係、さらには民族の関係についても明らかにしてこようとしてきました。また、遺伝解析によって明らかにした遺伝子は、実験室でその遺伝的バリエーションによってもたらされる機能的変化を生理学的に解析したり、相互作用する新たな遺伝因子の探索を行っています。このような研究によって、遺伝性疾患の発症に関連する遺伝子が明らかになれば、新しい治療法や予防法の開発に繋がるものと信じ、努力しています。

関連組織

  • 医学部 分子病態治療研究センター
  • 大学院医学研究科 博士課程環境生態学系環境生体医学分子遺伝学
  • 大学院医学研究科 博士課程環境生態学系環境生体医学法医学
  • 大学院医学研究科 修士課程先端医科学ゲノム医科学

教育担当分野

  • 基礎医学「人類遺伝学」

診療科案内

連絡先

TEL:  0285-58-7341
FAX:  0285-44-4902
E-mail:  humgenet@jichi.ac.jp

医学研究科研究室紹介