教育・研究施設

HOME > 教育・研究施設 > 分子病態治療研究センター > 細胞生物研究部

細胞生物研究部

細胞生物研究部

講座名

分子病態治療研究センター 細胞生物研究部
大学院医学研究科 博士課程人間生物学系生体制御医学分子細胞生物学
             修士課程医科学専攻先端医科学分野

講座・部門紹介

細胞生物研究部は脊椎動物の個体発生、特に感覚器や感覚神経、組織幹細胞の発生と分化に関する研究、および遺伝子病のモデルマウスを用いた病態と治療法開発の基盤研究を行っています。マウス、ニワトリ、カエル等のモデル動物を用い、遺伝学、細胞生物学、分子生物学、発生生物学、組織学の手法を多面的に組み合わせた実験技術を駆使しています。感覚器原基の誘導機構、及び各感覚器プラコードから感覚器細胞への分化機構におけるホメオボックス遺伝子群の役割、BOR症候群やジストニアパーキンソニズムおよび家族性偏頭痛の有効なモデルマウスの構築、小脳や脳幹における神経伝達機構の解明などの成果をあげてきました。種々の遺伝子改変マウスを新たに確立しながら今後の研究を展開していきます。教育面では医学部学生に対する発生生物学入門および細胞生物学の講義を担当しています。また、全学年向けのセミナー(発生生物学、がんの生物学、進化医学)を開講しています。

スタッフ

教授 川上潔 准教授 佐藤滋 講師(兼)高橋将文
助教 杉本大樹

研究紹介

Six遺伝子群(Six1-Six6)は、感覚器、骨格筋、腎臓をはじめ多くの器官の発生に必須なホメオボックス遺伝子です。これらの生体機能を解明する目的で、遺伝子欠損マウスや過剰発現マウスを樹立し、感覚器原基の誘導と各感覚器への分化の機構、感覚神経系の進化機構、筋衛星細胞や歯根膜幹細胞の増殖と分化の制御機構および、臍帯ヘルニアのモデルマウス構築の4つの研究テーマに取り組んでいます。ニワトリやカエルを用いた実験も手がけており、これまで、@Six1遺伝子エンハンサーの同定と作用機序の解析 A内耳や嗅上皮の形成におけるSix1, Six4 の役割を解明してきました。
ナトリウムポンプは細胞内外のNaイオンとKイオンの濃度勾配を形成する一次能動輸送ポンプです。触媒サブユニットであるα鎖には4種類の遺伝子があり、各々特異的な発現パターンを示します。脳で発現の見られる、α2とα3のサブユニット遺伝子を欠損するマウスを構築し、その生体機能を解明してきました。α2は家族性偏頭痛、α3はジストニアパーキンソニズム及び小児交互性片麻痺の原因遺伝子としても知られており、遺伝子欠損マウスが病態モデルとしてどのような症状を示すかについても研究を続けています。

関連組織

  • 大学院医学研究科 修士課程基礎科目人体構造学
  • 大学院医学研究科 博士課程人間生物学系生体制御医学分子細胞生物学

教育担当分野

  • 総合教育「発生生物学入門」「細胞生物学」講義
  • セミナー「発生生物学」(発生学の分野における最新の知見を新着論文の抄読にて紹介、討論をする。)
  • セミナー「がんの生物学」「進化医学」(テキストの輪読形式で行う。)

連絡先

TEL:  0285-58-7312(ダイヤルイン)
FAX:   0285-44-5476
E-mail:  kkawakam@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介