教育・研究施設

HOME > 教育・研究施設 > 分子病態治療研究センター > 再生医学研究部

再生医学研究部

再生医学研究部

講座名

分子病態治療研究センター 再生医学研究部
大学院医学研究科 博士課程 人間生物学系生体分子医学再生医科学
大学院医学研究科 修士課程 先端医科学再生移植医科学

講座・部門紹介

本研究部は、自治医科大学における再生医学の研究部門として2003年4月に生まれました。
誕生以来、花園が講座を担当し、幹細胞(iPS細胞と造血幹細胞など)を主な研究対象として、サル・ブタ・ヒツジなど大型動物を用いた実験を行ってきました。
大型動物の実験は、新しい治療法の開発や、その有効性・安全性の検証にとても有用です。
本研究部には、医学部以外の出身者が多く在籍しています。
さまざまなバックグラウンドをもった者が集い、既存の領域にとらわれない包括的・融合的な研究を目指します。

スタッフ

教授 花園 豊 准教授 魚崎 英毅 講師 阿部 朋行
講師(兼)柴田 宏昭 助教 原 弘真

研究紹介

私たちは、iPS技術やゲノム編集技術など先端技術の実用化をめざして、ブタなど大型動物を利用するユニークな研究を行っています。現在進行中のテーマを三つ挙げます。

(1) 先天性免疫不全症(SCID)のゲノム治療をめざす研究:ゲノム編集技術(CRISPR/Cas9)を応用して、SCIDマウスやSCIDピッグの治療をめざしています(花園)。SCIDの治療は、東京大学濡木理教授との共同研究です。

(2)多能性幹細胞から成熟した分化細胞を得るための研究:現在のところ多能性幹細胞から試験管内で得られる分化細胞は幼若であり、胎児相当です。幼若な分化細胞を、成体型へと成熟させるための研究を進めています(魚崎)。

(3)動物体内でヒト臓器を作る研究:動物(ヒツジ)の体内環境を利用して、ヒトiPS細胞から造血幹細胞を作ることを目指しています(阿部)。本研究は、宇都宮大学長尾慶和教授との共同研究です。

上記研究以外にもいろいろなことを進めています。

関連組織

  • 先端医療技術開発センター
  • 実験医学センター

教育担当分野

  • 再生医科学

連絡先

TEL:  0285-58-7450(受付)
E-mail:  saisei@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介