教育・研究施設

HOME > 教育・研究施設 > 分子病態治療研究センター > 再生医学研究部

再生医学研究部

再生医学研究部

講座名

分子病態治療研究センター 再生医学研究部
大学院医学研究科 博士課程 人間生物学系生体分子医学再生医科学
大学院医学研究科 修士課程 先端医科学再生移植医科学

講座・部門紹介

本研究部は、自治医科大学における再生医学の研究部門として2003年4月に生まれました。
誕生以来、花園が講座を担当し、幹細胞(iPS細胞と造血幹細胞など)を主な研究対象として、サル・ブタ・ヒツジなど大型動物を用いた実験を行ってきました。
大型動物の実験は、新しい治療法の開発や、その有効性・安全性の検証にとても有用です。
本研究部には、医学部以外の出身者が多く在籍しています。
さまざまなバックグラウンドをもった者が集い、既存の領域にとらわれない包括的・融合的な研究を目指します。

スタッフ

教授 花園豊 講師 魚崎英毅 講師 阿部朋行
講師(兼)柴田宏昭 助教 原弘真

研究紹介

私たちは、iPS技術やゲノム編集技術など先端技術の実用化をめざして、ブタ・ヒツジなど大型動物を利用するユニークな研究を行っています。現在進行中のテーマを三つ挙げます。

(1) ブタ・ヒツジを利用するiPS細胞技術の開発:ヒトiPS細胞から臓器再生をめざす研究は、現在のところ試験管内における分化誘導実験が中心ですが、動物体内での臓器づくりをめざす研究も行われています。
私たちは、ヒトiPS細胞由来の造血幹細胞をブタやヒツジの体内で作製することをめざしています。宇都宮大学農学部長尾慶和教授との共同研究です。

(2) SCIDブタのゲノム治療をめざす研究:私たちは、明治大学農学部長嶋比呂志教授と共同でSCIDブタを作っています。SCIDブタは、SCIDマウスのブタ版としてさまざまな応用が考えられます。一方、ゲノム編集技術(CRISPR/Cas9)を応用して、このSCIDブタの治療もめざしています。SCIDブタ治療は、東京大学濡木理教授や同大学村田昌之教授との共同研究です。

(3)多能性幹細胞から成熟した分化細胞を得るための研究:現在のところ多能性幹細胞から試験管内で得られる分化細胞は幼若であり、胎児相当です。魚崎講師を中心として誘導した分化細胞を、成体型へと成熟させるための研究を進めています。

上記研究以外にもいろいろなことを進めています。

関連組織

  • 先端医療技術開発センター
  • 実験医学センター

教育担当分野

  • 再生医科学

連絡先

TEL:  0285-58-7450(受付)
E-mail:  saisei@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介