教育・研究施設

HOME > 教育・研究施設 > RIセンター

RIセンター

RIセンター

センター紹介

RIセンターは、放射性同位元素および放射線を利用する学内共同研究の放射線施設として、多くの研究者に利用されています。施設には15核種の非密封放射性同元素が利用できる12室の実験室があり、この内の6室では組換DNA実験が行えます。また、放射性同位元素を投与した動物を取り扱う実験室と、細胞や動物に放射線を照射する装置を備えた照射室があります。
放射性同位元素及び放射線を安全に取扱い、従事者の放射線障害を防止するためには、以下のことを行っています。
1.施設の安全維持管理
2.施設および周辺の放射線環境測定
3.個人の被ばく線量測定
4.放射線障害を防止するために必要な教育及び訓練
5.健康診断
なおこれらの項目は、大学および病院すべての放射線施設・業務従事者を対象に実施しています。
さらに、研究者の利用を円滑に推進するために、各種の放射線測定機器や実験関連機器との充実と整備を図るために、更新および新たな機器の導入を行っています。

スタッフ

センター長・教授 萩原弘一 副センター長・教授 浜本敏郎 管理主任 出井充
管理主任(兼)山崎詔一 技師 鈴木理恵

研究紹介

  • 放射線業務従事者の被曝解析を行い、さらに被曝を減らすことを目指しています。
  • 放射線を安全に取り扱うための、新しい視点による教育訓練の開発と評価を研究しています。
  • X線の散乱線量に関する研究では、医療分野の放射線安全に大きな貢献と役割を担う成果を得ています。

教育担当分野

  • レジデント「オリエンテーション:病院における放射線管理」
  • 新人看護職「臨床研修:新人看護師・既卒採用看護師が知っておくべき放射線安全に関する基本」
  • 新規放射線業務従事者(大学院共通講義を兼ねる)「初めての管理区域に立ち入る前の、放射線障害を防止するために必要な教育及び訓練」
  • 医学部学生「理科総合実習:放射線の測定と安全利用」
  • 看護学部学生「臨床検査学:放射線検査の安全について」
  • 放射線業務従事者(大学院生を含む)「管理区域に立ち入った後の再教育訓練」

連絡先

RIセンター管理室
TEL:  0285-58-7062
FAX:  0285-40-8481
E-mail:  ricenter@jichi.ac.jp