医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 基礎医学部門 > 解剖学 > 組織学

組織学

組織学

講座名

医学部 解剖学講座組織学部門
大学院医学研究科 博士課程 人間生物学系生体構造医学機能細胞学
         修士課程 先端医科学 構造機能生命科学

講座・部門紹介

下垂体前葉細胞の機能は、視床下部や末梢器官からの内分泌シグナルによって支配されています。しかし、同時に前葉組織内にも細胞間コミュニケーションや細胞外マトリックスが細胞機能を調節するしくみが存在して、はじめて下垂体前葉は、全体として調和のとれた活動をすることができるのです。これらの局所的な細胞機能調節の機能を明らかにしようとする基礎研究は、再生移植科学の分野でも、幹細胞からの機能的な臓器(組織)発生の観点から注目を集めようとしています。私たちの研究室では、これらの課題に、光学顕微鏡および電子顕微鏡レベルでの免疫組織化学や in situ hybridization、さらに、トランスジェニック動物やタンパク質の強制発現/発現抑制を行なった細胞・器官の生体イメージング等の形態学的技術によってアプローチしています。正式には解剖学講座組織学部門(研究室)という名称ですが、細胞組織構築学研究室と名のった方が適当かも知れません。

スタッフ

教授 屋代隆 教授(兼)菊地元史 准教授 藤原研
准教授 大野伸彦 助教 東森生

研究紹介

現在進行中のプロジェクトには、以下のようなものがあります。

  1. 細胞外マトリックスによる細胞機能の調節
    下垂体前葉にはコラーゲンやラミニンなどさまざまな細胞外マトリックスが存在しています。
    それらは組織構造の保持に役立つだけではなく、細胞に直接作用して、細胞分化・増殖・移動に関与することもわかってきました。私たちは、下垂体前葉の細胞外マトリックス合成細胞を免疫組織化学的手法を用いて同定し、濾胞星状細胞、内皮細胞、周皮細胞、そしてホルモンを分泌するゴナドトロフが主要な細胞外マトリックスを合成していることを明らかにしました。現在、これらの細胞外マトリックスの機能やその分泌調整について研究を進めています。
  2. 下垂体前葉の機能的組織構築における濾胞星状細胞の役割
    下垂体前葉には、ホルモン産生細胞のほかに、濾胞星状細胞と呼ばれるホルモンを分泌してない細胞が存在します。濾胞星状細胞はさまざまな液性因子を合成するだけでなく、濾胞星状細胞同士でネットワークを形成して下垂体前葉内の機能を局所的に調節していることが示唆されています。しかし、その機能の全容は明らかになっていません。私たちは、濾胞星状細胞に蛍光タンパク(GFP)を発現させた遺伝子改変ラットを用いて、生きた濾胞星状細胞の可視化・単離・培養に成功しました。現在、この単離した濾胞星状細胞を分子細胞生物学的に解析して、濾胞星状細胞の未知の機能を探索しています。
  3. 下垂体前葉の機能的組織構築における濾胞星状細胞の役割
    下垂体前葉には、ホルモン産生細胞のほか、その形から濾胞星状細胞と呼ばれるホルモンを分泌しない細胞が存在しています。バイオイメージングによって、下垂体前葉の組織構築に濾胞星状細胞がどのような役割を果たしているのか新たな観点からの研究を始めました。
  4. 下垂体細胞の発生・分化を調節する細胞接着因子を基点とした情報伝達機構
    胎仔期に下垂体組織がつくられるとき、細胞接着因子の働きは非常に重要です。ホルモン産生細胞がその前駆細胞から分化する段階で、カドヘリンのタイプが上皮性のE-カドヘリンから神経性のN-カドヘリンへと切り替わることを明らかにしました。興味深いことに成体下垂体においてもE-カドヘリンを発現する細胞集団が存在します。この細胞集団は未分化細胞マーカーを発現することから下垂体未分化細胞のニッチと考えられます。私たちはこのニッチ内の細胞間に胎児期に腺細胞の分化に関わるNotchシグナルが働くことを見つけました。このNotchシグナルがカドヘリンにより形成された未分化細胞ニッチを維持する重要な情報伝達機構と考え、現在、解析を進めています。
  5. 局所で合成されるレチノイン酸の下垂体前葉における役割
    私たちは、ラット下垂体の発生過程で、レチノイン酸合成酵素RALDHが質的、量的に非常に特徴的な変化をすることを見つけました。これは、レチノイン酸が下垂体で局所的に合成され、局所ホルモンとしての役割を担っている可能性を示すと同時に、レチノイン酸が下垂体の器官形成、細胞分化に深く関わっていることを強く示唆しています。私たちはin situ hybridizationを用いてレチノイン酸合成系に関与する遺伝子発現を調べたり、培養細胞を用いてレチノイン酸の作用を調べています。

教育担当分野

  • 組織学講義・実習(基礎理科講義)
  • 大学院医学研究科人体構造学講義
  • 大学院医学研究科構造機能生命科学講義
  • 特別外国人留学生(大学院生)の受け入れ

関連組織

  • 大学院医学研究科/博士課程 人間生物学系生体構造医学機能細胞学
    修士課程 先端医科学 構造機能生命科学

連絡先

自治医科大学医学部解剖学講座組織学部門
Tel:0285-58-7314(ダイヤルイン)
Fax:0285-44-5243
histology@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介