医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 基礎医学部門 > 生化学 > 構造生化学

構造生化学

構造生化学

講座名

医学部 生化学講座 構造生化学部門
大学院医学研究科 博士課程 人間生物学系生体分子医学生体分子科学

講座・部門紹介

構造生化学では、『分子の構造から細胞の機能へ』を主要テーマとして、
 ・線維芽細胞の増殖制御および接触阻害
 ・NF-HEV/IL-33の機能解析
 ・発がんを制御する細胞内シグナル伝達機構
 ・selenoproteinの起源と発現機構
の研究を進めています。いずれの研究も分子生物学、細胞生物学的手法を用いて、細胞から個体レベルにおける生命現象の解明を目指し、特に“どのように遺伝情報が維持され細胞は増殖、分化、機能発現をするのか?”、ということを詳しく知りたいと考えています。
臨床系教室とも協同研究を行い、大腸がんにおけるRasシグナル系の異常の解明等をめざしています。
学生教育では、『生体を構成する基本分子の構造と化学的特性を正しく理解すること』を目標にして、生命科学1、2を担当しています。特に1年生に対しては、現在高校で未習得の「当量」など医学を学ぶ上で不可欠な化学的概念を教えます。また、医学・生物化学の基礎をさらに深く理解するための総合教育科目として「病態生化学入門」、「細胞のがん化を制御するシグナル伝達」、「スポーツと化学」、「化学で考える生体分子」を開講しています。

スタッフ

教授 柳澤健 教授 松儀実広 講師 多胡憲治
講師 太田聡

研究紹介

  • マウス線維芽細胞を用いた接触阻害の機構の検討
  • IL-33の血管内皮細胞における発現様式の解明
  • 大腸菌Sec tRNA変異体とSelAタンパク質の相互作用
  • NF-HEV/IL-33の核内における役割の解明
  • 核内に局在する新規Rasファミリーの機能解析
  • がん抑制遺伝子産物が発動する核内シグナルの解明

教育担当分野

  • 総合教育必修科目 生命科学1、2 講義・演習・実習
  • 総合教育選択科目 スポーツと化学、細胞のがん化を制御するシグナル伝達1、2、病態生化学入門、化学で考える生体分子
  • 大学院 医学研究科 生体分子科学

関連組織

  • 医学研究科/博士課程 人間生物学系生体分子医学生体分子科学

連絡先

自治医科大学生化学講座 構造生化学部門
TEL 0285-58-7310(ダイヤルイン)
FAX 0285-44-2854
chemiko@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介