医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 基礎・臨床医学連携部門 > 感染免疫学 > 細菌学

細菌学

細菌学

講座名

医学部 感染・免疫学講座 細菌学部門
大学院医学研究科 修士課程 医科学専攻 先端医科学分野 生体防御医科学
         博士課程 人間生物学系 生体防御医学分野 微生物・免疫学
         博士課程 地域医療学系 地域医療学分野 感染制御科学

講座・部門紹介

 細菌学部門は、医学部、看護学部と大学院の細菌、真菌、マイコプラズマ、リケッチア、クラミジアなどを含む病原微生物の基礎知識、感染症や化学療法など科目の教育を担当しています。
 研究においては、臨床現場で問題となる病原細菌について病原体と宿主感染防御機構の両面から研究を進めています。また、薬剤耐性菌感染症を克服するための新規抗菌治療法の開発、医療現場における感染制御のための基礎研究も行っています。
 大学院医学研究科では、生体防御医科学(修士課程)、微生物・免疫学(博士課程)と感染制御科学(博士課程)の3つの専攻科の教育を担当しています。

スタッフ

教授 崔 龍洙 准教授 渡邊 真弥 講師 氣駕 恒太朗
講師(兼)笹原 鉄平 助教 相羽 由詞 助教 佐藤 祐介

研究紹介

当研究室では、基礎研究と臨床研究を両方同時に推進しています。主な研究課題を以下に列記します。

  • 薬剤耐性菌感染症に特化した新規抗菌治療法の開発
  • 核酸の増幅を必要としない新規細菌遺伝子検査法の開発
  • バクテリオファージの遺伝子工学と医学への応用に関する研究
  • ブドウ球菌における抗菌薬耐性メカニズムの解明
  • 黄色ブドウ球菌持続感染の成立と維持の分子メカニズムの解明
  • A群レンサ球菌による侵襲性感染症発症機構の解明
  • 感染制御部・感染症科と連携して、起因菌の同定を含む様々な角度から院内感染制御対策の実施
  • 地域医療・在宅医療現場における感染発生動向の調査、細菌検出状況や抗菌薬感受性パターンの調査、耐性菌の解析など

教育担当分野

  • 細菌学・真菌学・化学療法学の講義と実習(医学部)
  • 微生物学の講義(看護学部)(分担)
  • 大学院医学研究科修士課程の講義、実習、演習
  • 大学院医学研究科博士課程の講義、実習、演習

関連組織

  • 大学院医学研究科/修士課程 医科学先端医科学生体防御医科学
  • 大学院医学研究科/博士課程 人間生物学系生体防御医学微生物・免疫学
  • 大学院医学研究科/博士課程 地域医療学系地域医療学感染制御科学

連絡先

細菌学部門受付: 0285-58-7332(受付直通)、内線3162

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介