医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 基礎・臨床医学連携部門 > 薬理学 > 臨床薬理学

臨床薬理学

臨床薬理学

講座名

医学部 薬理学講座 臨床薬理学部門
大学院医学研究科 博士課程 人間生物学系生体防御医学細胞分子薬理学
大学院医学研究科 修士課程 医科学専攻臨床連携科学臨床薬理学

講座・部門紹介

“臨床薬理学”は基礎医学としての薬理学とは異なりヒトにおける合理的な薬物療法の確立、薬の適正使用などを目指す実地臨床に繋がる領域として第二次大戦後、欧米で展開されてきた新しい学問分野です。1974年わが国で初めて海老原昭夫先生を初代教授として臨床薬理学講座が設立されました。海老原先生は本学さらに大分大学で臨床薬理学を開講され本邦における臨床薬理学の基盤を築かれました。1994年藤村昭夫先生が臨床薬理学教授にご就任され2017年3月御退任までの長きに渡り本部門の発展に尽くされるとともに本邦の臨床薬理学を牽引され、薬の適正使用法の確立に向けた基礎・臨床研究:時間治療学、ファーマコ・トキシコジェノミクス、薬物相互作用学、バイオマーカー研究、循環器、腎臓・代謝内分泌系疾患の病態生理学的解析など幅広い領域の研究で成果をあげてこられました。この伝統を踏襲し、現在は循環器疾患におけるモデル動物を用いた病態研究・新規化合物の薬効評価、TOF-MS/LC-MSを活用したバイオマーカー解析・TDM、糖尿病・インスリン感受性における時計遺伝子の役割に関する研究などについて精力的に取り組んでおります。なお2003年に講座再編が行われており臨床薬理は薬理学講座という大きな枠の中に分子薬理学部門と臨床薬理学部門の2つの部門が配される体制となり現在に至っております。

臨床薬理学部門は研究・業務ともに臨床との連携の中にあるためスタッフには臨床経験が求められ、教員の多くは臨床医・臨床薬剤師という構成です。多くの大学院生(博士、修士)が在籍しており充実した研究活動を展開しています。合理的な薬物療法を学ぶためには臨床薬理学教育は非常に重要ですが、その研修施設は限られております。わが国における薬物療法の向上に意欲のある医師(研修医)や薬剤師、医薬品開発を目指す薬学・生物系学部の学生の方は是非ご連絡ください。

スタッフ

教授 今井 靖 准教授 相澤 健一 講師 牛島 健太郎
助教 今井 利美 助教 早川 朋子

研究紹介

時間薬理・時間生物学的研究

当教室におきましては時間治療学、代謝内分泌系疾患の病態生理学的解析は長年取り組んできた課題です。生体の体内時計を調節しているのは“時計遺伝子”といわれる20種類の遺伝子群で厳密なシステムネットワークで制御されています。この時計遺伝子は体内時計の振動体として重要な働きを持っていますがnon-clock functionとしてがん、メタボリックシンドローム、精神疾患などさまざまな疾患の発症にも重要な役割をになっていることが明らかとなってきました。時計遺伝子と糖代謝・インスリン抵抗性に焦点をを絞り研究を展開しております。

生活習慣病におけるバイオマーカー研究

プレシジョン医療の実践を目的とし、臨床検体とそれに付帯する詳細な臨床情報を収集しバイオマーカーの開発を目指した研究を進めております。特筆すべき点としてマススペクトロメトリー(TOF-MS, LC-MS)を積極的に導入してきた経緯があり、それらを活用し標的分子・物質についてその修飾・分解産物を含めて詳細な分析を行っております。さらにこの研究基盤はメダボローム解析や薬物濃度モニタリングTDMにも応用が可能であり、循環器疾患・腎臓病・糖尿病/代謝疾患はもとより、様々な診療分野との連携につながることを期待しております。

循環器疾患における病態解明と新規治療薬の探索

循環器疾患はわれわれが取り組む課題のメインテーマのひとつであり循環器内科、心臓血管外科、麻酔科など診療科を超えて共同研究をしております。特に不整脈疾患・先天性/遺伝性疾患について臨床データ収集を行い薬物療法における効果・特徴などについて分析を行ったり、治療薬のTDM研究を進めております。また遺伝性・家族性大動脈疾患(マルファン症候群なども含む)に着目しており、その中で遭遇した家族性大動脈解離家系で同定された原因遺伝子を導入した遺伝子改変マウスを作製、解析を進めておりますが興味深い知見をすでに得ております。今後、広く遺伝性大動脈疾患、さらに循環器領域の様々な難治性疾患の病態解明・治療法開発につなぐことが出来ればと期待しております。またマウスを用いて心不全、動脈硬化モデルを作成し、心不全/動脈硬化予防に役立つ新規化合物の探索的研究を実施しております。

教育担当分野

  • 薬理学講義・実習
  • 臨床薬理学講義
  • 看護学部講義「臨床薬理学」
  • 大学院看護学研究科「臨床薬理学持論」
  • 必修BSL(臨床試験と倫理、薬物動態シミュレーション)

関連組織

  • 大学院医学研究科/博士課程 人間生物学系生体防御医学細胞分子薬理学
  • 大学院医学研究科/修士課程 医科学専攻臨床連携科学臨床薬理学
  • 附属病院/臨床薬理センターこのリンクは別ウィンドウで開きます

連絡先

自治医科大学 臨床薬理学部門
Tel 0285-58-7388
Fax 0285-44-7562
rinshoyakuri@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介