医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 基礎・臨床医学連携部門 > 薬理学 > 臨床薬理学

臨床薬理学

臨床薬理学

講座名

医学部 薬理学講座 臨床薬理学部門
大学院医学研究科 博士課程 人間生物学系生体防御医学細胞分子薬理学
大学院医学研究科 修士課程 医科学専攻臨床連携科学臨床薬理学

講座・部門紹介

“臨床薬理学”は基礎医学としての薬理学とは異なりヒトにおける合理的な薬物療法の確立、薬の適正使用などを目指す実地臨床に繋がる領域として第二次大戦後、欧米で展開されてきた学問分野です。1974年わが国で初めて海老原昭夫先生を初代教授として臨床薬理学講座が設立されました。海老原先生は本学さらに大分大学で臨床薬理学を開講され本邦における臨床薬理学の基盤を築かれました。1994年藤村昭夫先生が臨床薬理学教授にご就任され2017年3月御退任までの長きに渡り本部門の発展に尽くされるとともに本邦の臨床薬理学を牽引され、薬の適正使用法の確立に向けた基礎・臨床研究:時間治療学、ファーマコ・トキシコジェノミクス、薬物相互作用学、バイオマーカー研究、循環器、腎臓・代謝内分泌系疾患の病態生理学的解析など幅広い領域の研究で成果をあげてこられました。この伝統を踏襲し、現在は循環器疾患・腎/内分泌疾患における実験モデル動物あるいは培養細胞を用いた病態研究・新規化合物の薬効評価および既存薬のrepositioning、TOF-MS/LC-MSを活用したバイオマーカー解析・TDMなどについて精力的に取り組んでおります。なお2003年に講座再編が行われており臨床薬理は薬理学講座という大きな枠の中に分子薬理学部門と臨床薬理学部門の2つの部門が配される体制となり現在に至っております。

臨床薬理学部門は研究・業務ともに臨床との連携の中にあるためスタッフには臨床経験が求められ、臨床医が主体ですが、基礎研究者が加わって基礎と臨床とを架橋出来る体制としております。大学院生・研究生といった若手も多く、関連診療科・講座とも連携しつつ充実した研究活動を展開しています。合理的な薬物療法を学ぶためには臨床薬理学教育は非常に重要ですが、その研修施設は限られております。わが国における薬物療法の向上に意欲のある医師(研修医を含む)や薬剤師、医薬品開発を目指す薬系・生物系・医療系学部の学生の方は是非ご連絡ください。

スタッフ

教授 今井 靖 准教授 相澤 健一 助教 今井 利美
助教 早川 朋子

研究紹介

循環器・腎疾患における病態解明と新規治療約の探索/実地診療への臨床薬理学的支援

循環器・腎臓疾患はわれわれが取り組む課題のメインテーマと考えており、スタッフも循環器内科あるいは腎臓内科をバックグラウンドとするメンバーで構成され、関連診療科と連携しつつ診療・研究・教育に従事しております。診療現場におけるデータ収集を基盤とした薬物療法の有効性・副作用・薬物動態等に関する臨床研究、臨床と基礎医学を架橋する病態生理・薬理学的研究が主な課題となります。
一例として遺伝性・家族性大動脈疾患に取り組んで来ましたが、その原因遺伝子解析の中でたまたま遭遇した家族性大動脈解離家系で同定された原因遺伝子を導入した遺伝子改変マウスを作製、解析を進めており、非常に興味深い知見を得ております。今後、同様の手法を活用することにより難治性循環器・腎臓疾患の病態解明につなぐことが出来ればと期待しております。加えて実験モデル動物を活用し循環器・腎疾患の薬物療法に関する探索的研究を実施しております。
臨床においても循環器・腎臓領域のみならず、診療現場で対応に悩む、妊娠・出産・授乳に関する薬物療法、臓器障害、移植医療など様々な局面に対して臨床薬理の立場で参画しており、“一人の患者さんに全力を尽くす”という精神のもと日々最適な薬物療法の実践に取り組んでおります。

慢性炎症を基盤とする心血管病態モニタリングマーカーの開発と臨床導入の実現

慢性炎症の観点から臨床病態(大動脈瘤・解離、心臓線維化・心不全、冠動脈疾患・動脈硬化)を反映し、心血管病態モニタリングに有用なバイオマーカーを開発しています。大動脈解離については病態モデルマウスの開発により(慢性)炎症素因を基にした発症メカニズムを解明してきました。心不全については新たな2つのバイオマーカーを開発しました。また虚血性心疾患についてB型利尿ペプチド(BNP)のプロセシング産物(BNP断片)を質量分析計で測定、冠動脈再狭窄の診断に有用なバイオマーカーになることを明らかにしました。さらに心血管疾患症例の代謝物(メタボローム)バイオマーカーを開発しています。
一例として、心不全症例においてホスフォチジルコリンの代謝物であるトリメチアルミンN-オキシド(TMAO)の分析系を確立し、その臨床的有用性を明らかにしています。これらは臨床病態において、慢性炎症や細胞外基質の線維化・変性が心血管系の病態を形成していることを示唆しています。本研究で開発したバイオマーカーが診断のみならず薬効評価や治療標的となることを示すものであり臨床において診断・治療支援に活用され、さらには創薬はじめ新しい治療戦略開発の糸口となることが期待されます。

教育担当分野

  • 薬理学講義・実習
  • 臨床薬理学講義
  • 看護学部講義「臨床薬理学」
  • 大学院看護学研究科「臨床薬理学持論」
  • 必修BSL(臨床試験と倫理、薬物動態シミュレーション)
  • 医学系研究科大学院博士課程講義(内科学T、内科学U)

関連組織

  • 大学院医学研究科/博士課程 人間生物学系生体防御医学細胞分子薬理学
  • 大学院医学研究科/修士課程 医科学専攻臨床連携科学臨床薬理学
  • 附属病院/臨床薬理センターこのリンクは別ウィンドウで開きます

連絡先

自治医科大学 臨床薬理学部門
Tel 0285-58-7388
Fax 0285-44-7562
rinshoyakuri@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

  • 自治医科大学薬理学講座 臨床薬理学部門
    (現在、以前から使われていたものは閉鎖しておりますが、業者などを選定しており、2019年度のうちに再開予定です

医学研究科研究室紹介