医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 基礎・臨床医学連携部門 > 薬理学 > 環境予防医学

環境予防医学

環境予防医学

講座名

医学部 環境予防医学
大学院医学研究科 環境生態学系専攻環境医学・環境免疫学

講座・部門紹介

環境予防医学では、生活習慣や環境汚染物質などの外的環境要因が人の健康に与える影響について、医学部学生に教育すること、学術的に調査研究することを目標としている。人の外的環境とは、一般生活の室外および室内環境であり、労働者の職場環境である。そのため環境衛生、産業衛生、生活習慣に関して疫学調査を行うこととともに、得られた知見をもとに、細胞生物学的手法や動物実験により健康影響の発現の機序について解明する。また、分子遺伝学的アプローチによる人の個体差の発生機序とその病因を明らかすることを目指している。医学教育でも、学生に何故だろうという疑問から出発する「サイエンスする心」を育てることを目標として、環境医学実習では、各グループが自由なテーマで企画実施する「フィールド調査」の実施に力点を置いている。

スタッフ

教授 市原佐保子 講師 坂本隆子 講師 三瀬名丹
助教 池上昭彦

研究紹介

当部門では2001年から食品中カドミウム、ヒ素等の安全基準を策定のために、それらの重金属の摂取量の多い農業従事者や漁民の家族の疫学調査を行い、摂取量評価を行い現在の摂取量で健康影響が出ていないかどうか調査を行ってきた。この結果はFAO/WHOでのリスク評価に用いられ、国際許容基準を策定に寄与した。また、in vitro実験では植物エストロゲンの骨吸収阻害作用や制癌作用に関して研究を進め業績を上げている。
化学物質の胎児期、幼少期の曝露が発育発達に影響を与えることが危惧されていることから、環境省の「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」が2011年から開始した。当部門では、本学産婦人科学講座および小児科学講座と協力して2009年よりパイロット調査を開始し、現在、登録された児のコホート調査(追跡調査)を実施している。
海外との共同研究では、カリフォルニア州立大学デイビス校のデニソン教授とともにCALUX CELLアッセイを用いて、ダイオキシン類の人汚染状況調査および健康影響に関する研究を、中国、パキスタン、セネガルなどの諸国、並びに日本国内において、現在調査中である。

教育担当分野

  • 環境医学(医学部3年生)
  • 基礎系臨床系系統講義「呼吸」職業性肺疾患(医学部3年生)
  • 大学院共通カリキュラム
  • 卒後教育:栃木県医師会主催・自治医科大学医師会共催 産業医講習会

関連組織

  • 大学院医学研究科/環境生態学系専攻環境医学・環境免疫学
  • 共同利用機器センター
  • 自治医科大学医師会
  • 厚生労働省医薬食品局基準審査課

連絡先

電話:0285-58-7336、FAX:0285-44-8465

講座オリジナルサイトへのリンク