医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 臨床医学部門 > 歯科口腔外科学

歯科口腔外科学

歯科口腔外科学

講座名

医学部 歯科口腔外科学講座
大学院医学研究科 博士課程 地域医療学系 消化器疾患学歯科口腔外科学

講座・部門紹介

歯・骨をはじめとして顎・口腔領域が全身の中でどういう役割を担っているか、また顎・口腔疾患が全身にどう影響しているかという視点で疾患を捉えています。疾患は、@口腔癌、A顎変形症、B口腔粘膜疾患、C摂食嚥下障害、D口腔インプラント治療、E唇顎口蓋裂およびF全身性疾患と口腔疾患との関係を主体に診療・研究を行っています。特に、口腔癌の診断、治療、機能的再建、機能回復および口腔粘膜疾患の診断、治療、全身性疾患との関係については、当科の最も大きな課題です。また、口腔機能と脳機能との関係も重要な研究です。
教室員は、常勤36名(内派遣中12名)、非常勤・大学院を含めて全63名で、年間に新患約4800名、外来手術約1000件、入院約380名、全麻手術約260件の診療を行っています。院内の臨床各科との連携は密であり、特に放射線科とは放射線治療カンファレンス、形成外科とは口蓋裂共同診療、緩和ケアチームへの参加、NSTチームへの参加など連携医療を積極的にしています。
医師派遣は、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、静岡の6都県、8病院に計12名行っており、各地域の歯科口腔外科医療に貢献しています。

スタッフ

教授 森良之 教授 神部芳則 教授(兼)小佐野仁志
准教授 野口忠秀 講師 笹栗健一 助教(兼)杉山知子

研究紹介

研究面では、口腔癌に関して画像診断(特にPET、エコー)、化学放射線療法、顎骨の機能的再建、術後の口腔機能回復およびリハビリ、口腔機能と脳機能賦活、に関する研究を行っています。特に、Bare Bone Graft を用いた下顎骨切除後の機能的再建を行い、インプラント治療を含めた口腔機能の再構築システムを研究しています。口腔粘膜疾患に関しては、病態の解明、診断、治療、について系統的に基礎研究を行っています。特に、扁平苔癬の病態および癌化について研究しています。口腔機能に関しては、舌癌・口底癌の切除手術に際し、手術前後および構音リハビリ後にfMRIを用いて高次脳賦活部位を同定しています。
基礎的研究として、摂食による抗不安作用の機構の解明およびストレス環境下での咀嚼器官の活性化による全身性ストレス減弱機構の解明を脳機能を中心に行っています。

教育担当分野

  • 総合医療V 歯科口腔外科学
  • 必修BSL 一般外科U「歯科口腔外科」

関連組織

  • 大学院医学研究科 博士課程 地域医療学系消化器疾患学歯科口腔外科学

診療科案内

連絡先

自治医科大学歯科口腔外科学講座
Tel 0285-58-7390
Fax 0285-44-8669
oralsurg@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介