医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 臨床医学部門 > 内科学 > アレルギー膠原病学

アレルギー膠原病学

アレルギー膠原病学

講座名

医学部 内科学講座 アレルギー膠原病学部門
大学院医学研究科 博士課程 地域医療学系血液・免疫疾患学/臨床免疫学

講座・部門紹介

アレルギー膠原病学部門で取り扱う各疾患は全身の諸臓器におよぶことが多く、そのことから当部門は特殊であると考えられがちであるが、この点をむしろ学生教育・研修医教育に生かしている。学生のBSLにおいては問診と理学所見の取り方を理解させることが最大の教育目標である。また研修医には当部門の特徴である全身管理の重要性を主眼に教育を行っている。

研究に関しては全身性エリテマトーデスの精神神経障害の病因やその疫学調査、全身性エリテマトーデスや関節リウマチの病因病態への各種免疫細胞やサイトカインの関与に関する研究、強皮症の微小血管障害の治療に関する研究、二次性肺高血圧症の治療に関する研究、関節リウマチ治療に伴う各種血管障害に関する研究、関節リウマチ発症に関わる遺伝子発現解析、関節リウマチの治療効果への遺伝子SNP解析による予測、各種膠原病での易感染性に関わる要因の洗い出しに関する研究などを行っている。症例報告も含めるが、これらに関する研究で年間10以上の英文原著を発表することができている。

診療に関しては関節リウマチに対する最近の治療の進歩を栃木県で確実に進めていくために当部門と県内各所の診療所との連携を構築した。県内どの地域の患者にも現在提供できる最善の治療を行うことができると考えている。

スタッフ

教授 簑田清次 教授(兼)岡崎仁昭 教授(兼)吉尾卓
教授 岩本雅弘 教授(兼)佐藤健夫 准教授 長嶋孝夫
准教授 永谷勝也 講師 釜田康行 講師(兼)松山泰
助教 秋山陽一郎

研究紹介

  • 「自己免疫疾患に関する調査研究」(厚生労働省研究班)
  • 「骨髄幹細胞移植による難治性血管炎への血管再生医療に関する多施設共同研究」(厚生労働省研究班)
  • 「TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)の病態の解明と診断基準作成に関する研究」  (厚生労働省研究班)
  • 関節リウマチ患者の生命予後に関する研究
  • 生物学的製剤の有効性と関節リウマチ病態に関する遺伝子の研究
  • 生物学的製剤による心血管系への影響に関する研究
  • 自己免疫疾患における肺高血圧症の発症機序並びに治療法の開発
  • 中枢神経ループスに関連する各種自己抗体や自然免疫の関与に関する研究
  • 膠原病の循環障害に対する治療法の研究
  • 2次性アミロイドーシスに対する治療法の研究
  • CT、MRIでの関節炎の評価(放射線科と共同研究)
  • MXT-PG濃度と治療効果・副作用に関する研究
  • 皮膚筋炎・多発性筋炎の臨床的特徴と自己抗体との関連に関する研究
  • 関節リウマチの肺病変に関する観察研究
  • 大型血管炎の臨床研究
  • ループス腸炎の臨床研究
  • 成人発症Still病の疾患活動性評価におけるβ2ミクログロブリンの有用性に関する臨床研究
  • 炎症性筋疾患の疾患活動性評価におけるβ2ミクログロブリンの有用性に関する臨床研究

教育担当分野

  • 基礎臨床系統講義「アレルギー・リウマチ」
  • 内科診断学
  • 総括講義「アレルギー膠原病学」
  • BSL

病歴聴取、全身的な理学所見の取り方、レントゲン所見の読み方など診察法の基本や関節リウマチ患者の関節所見の取り方の取得に重点を置いた教育を行っている。また、リウマチ膠原病学の診療を通じて、全身管理の重要性を理解してもらえるよう努めている。

関連組織

  • 大学院医学研究科/博士課程/地域医療学系血液・免疫疾患学/臨床免疫学

診療科案内

連絡先

自治医科大学内科学講座アレルギー膠原病学部門
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL:0285-58-7358
FAX:0285-44-2779
E-mail:jmsrci@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介