医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 臨床医学部門 > 内科学 > 内分泌代謝学

内分泌代謝学

内分泌代謝学

講座名

医学部 内科学講座内分泌代謝学部門
大学院医学研究科 博士課程 地域医療学系内分泌代謝疾患・病態解析学内分泌疾患学
大学院医学研究科 博士課程 地域医療学系内分泌代謝疾患・病態解析学代謝疾患学

講座・部門紹介

糖尿病・脂質異常症・肥満・高尿酸血症などの代謝疾患、甲状腺・視床下部下垂体・副腎・骨カルシウム代謝・電解質異常を中心に診療活動を行っています。糖尿病は病因・病態・合併症等の多様性に応じた適切なチーム医療を推進するために、臨床科・部門横断的なカンファランスを定期的に実施し、更に、糖尿病教室や患者会活動の支援等を通じて患者中心の医療を目指しています。連続血糖計測やインスリンポンプ等の先進技術を積極的に取り入れ、肥満外科治療や臓器移植等の先進治療の導入を心がけています。脂質異常症や一部の遺伝性内分泌疾患の病因を遺伝子レベルで明らかにし、本質的な病態の把握に務め、それに応じた治療を適応できるように努めています。症例検討会などを通じて、的確な診断と最善の治療を目指しています。そのような臨床的な問題意識を大切にしつつ、分子生物学や発生工学を駆使した研究を推進しています。留学生を多く受け入れ、他講座との共同研究も積極的に推進しています。

スタッフ

教授 石橋俊 准教授 海老原健 講師 岡田健太
講師 永島秀一 講師(兼)高橋学 講師(兼)倉科智行
助教 安藤明彦

研究紹介

糖尿病・肥満・脂質異常などの代謝疾患を中心に臨床研究を行っています。2型糖尿病のインスリン分泌能・インスリン抵抗性・血糖変動性などの臨床指標に対する血糖低下治療の効果や、動脈硬化や網膜症などの合併症との関連を調べています。原発性脂質異常症の遺伝子診断と変異蛋白の機能解析を行っています。一方、脂質の過剰蓄積が肥満・糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の発症基盤にあると考え、脂肪細胞やマクロファージの脂質の蓄積と除去の分子機構の解明とその治療応用を目指しています。例えば、トリグリセリドやコレステロールエステルの水解酵素を新たに同定しました。そこで、それらを中心に据えて、臨床的研究や基礎的研究を発展させています。特に、それら遺伝子の発現調節、阻害剤や活性化剤のスクリーニング、臓器特異的遺伝子過剰発現または遺伝子欠損モデルの作成と解析を行っています。また、他講座との共同研究で、糖尿病合併症の診断手法の開発、インスリン分泌の新たな調節機構の解明などにも取り組んでいます。

  • 動脈硬化と肥満・糖尿病における炎症細胞の役割
  • 細胞内脂肪蓄積による脂肪毒性とその解除の分子機構
  • 糖尿病の病態と治療
  • 糖尿病とその合併症の発症機序
  • 原発性脂質異常症の遺伝学的解析

教育担当分野

  • 早期体験実習
  • 基礎臨床系統講義「内分泌代謝」
  • 臨床講義、総括講義「内分泌代謝学」
  • BSL

関連組織

大学院医学研究科/博士課程 地域医療学系内分泌代謝疾患・病態解析学内分泌疾患学
大学院医学研究科/博士課程 地域医療学系内分泌代謝疾患・病態解析学代謝疾患学
糖尿病センター

診療科案内

連絡先

自治医科大学内科学講座内分泌代謝学部門
石橋 俊
TEL: 0285-58-7355(ダイヤルイン)
FAX: 0285-44-8143
E-mail: ishibash@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介