医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 臨床医学部門 > 脳神経外科学

脳神経外科学

脳神経外科学

講座名

医学部 脳神経外科学講座
大学院医学研究科 博士課程 地域医療学系精神・神経・筋骨格疾患学脳神経外科学

講座・部門紹介

脳神経外科教室は脳と脊髄の疾患の治療および脳科学を含む脳に関する様々な研究を行っています。臨床では、脳卒中(脳血管障害)、脳腫瘍、てんかん、脳脊髄先天性疾患、頭部外傷、血管内治療などの幅広い分野で手術治療を中心とした診療をしています。繊細で高度な手術手技を目指した、トレーニングと教育に力を入れています。ニューロナビゲーションを中心とした手術支援機器の開発にも積極的に取り組んでいます。研究では、頭蓋内電極によるヒト認知神経科学研究や近赤外線光トポグラフィーなど非侵襲的検査を用いた研究を、脳虚血やてんかんなどの研究に応用し発展を続けています。その他、悪性脳腫瘍の分子生物学的研究、てんかんやパーキンソン病などの機能的疾患の基礎・臨床研究や、脳血管攣縮に関する研究、血管内治療についての臨床研究など様々な分野での研究を展開しています。若くて意欲的な教室員が多く、今後も各分野におけるエキスパートが養成されていく素地にあふれています。

スタッフ

教授 川合謙介 教授(兼)五味玲 教授(兼)田中裕一
教授(兼)難波克成 准教授 益子敏弘 准教授 山口崇
講師 中嶋剛 講師 宮田五月

研究紹介

研究面では、脳科学、機能的疾患、脳腫瘍、脳血管障害などに関して、基礎研究や臨床研究を幅広く行っています。特に、頭蓋内脳波や近赤外線光トポグラフィーを用いた研究では最先端の研究を行っています。その内容も、脳の機能評価、てんかん焦点の同定、脳虚血の診断と評価と多岐に及びます。この分野の研究は今後さらに発展することが期待されます。また、てんかんに関しては、モデルマウスを用いたてんかん原性獲得に関する研究や、新たな治療法開発に関する研究を行っています。その他、パーキンソン病等に対する脳深部刺激、破壊等の外科治療に関する臨床的研究、悪性脳腫瘍の免疫学的・分子生物学的な基礎的研究及び臨床研究、くも膜下出血における脳血管攣縮についての研究、電子顕微鏡と免疫組織化学を用いた中枢神経の再生・可塑性についての研究、血管内治療の臨床的検討、手術支援としてのニューロナビゲーターの開発・改良についての研究などを行っています。

教育担当分野

  • 基礎系臨床系統講義「神経」
  • 総括講義「脳神経外科学」
  • 必修BSLおよび選択必修BSL「脳神経外科」

関連組織

  • 大学院医学研究科 地域医療学系精神・神経・筋骨格疾患学脳神経外科学
  • 先端医療技術開発センター

診療科案内

連絡先

自治医科大学脳神経外科学教室
Tel 0285-58-7373(ダイヤルイン)
Fax 0285-44-5147
s-neuro@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介