医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 臨床医学部門 > 外科学 > 小児外科学

小児外科学

小児外科学

講座名

医学部 外科学講座 小児外科学部門
大学院医学研究科 博士課程 地域医療学系病態機能外科学 小児外科学

講座・部門紹介

自治医科大学外科学講座小児外科学部門は、自治医科大学とちぎ子ども医療センターを中核とした高度な小児外科医療を提供するとともに、栃木県をはじめとした北関東の地域中核病院との連携のもとに、北関東全体の小児外科医療を支えています。              
自治医科大学小児外科のモットーとして、『こどもにやさしい、世界トップレベルの小児外科医療を提供する』を掲げて、臨床能力・手術技術のみならずアカデミックマインドを兼ね備えた人材の育成をめざしています。

スタッフ

教授 小野滋 助教(兼)薄井佳子 助教 馬場勝尚

研究紹介

  • 小児悪性固形腫瘍におけるがん幹細胞の果たす役割
  • 小児重症気管狭窄症に対する気管移植法の開発
  • 先天性食道閉鎖症に関する新しい治療法の開発
  • 乳幼児に対する新しい腹部外科手術法の開発
  • 新生児腹壁形成異常に対する新しい治療法の導入
  • 二分脊椎症児の排便機能障害に対する機能的評価と外科的取り組み
  • 腸管機能不全に対する治療法の確立

教育担当分野

  • 基礎臨床系統講義「外科」、「消化」
  • 総括講義「小児外科学」
  • BSL:小児消化器外科疾患をはじめ、新生児外科疾患、小児呼吸器外科疾患等の診断法・治療法について、臨床画像を閲覧して講義を行っている。外来の見学をとおしての小児外科疾患の診察、術前術後患者の管理、手術室内での手術見学等を行っている。
    入院患者を担当し、術前の診断、検査計画、手術、プレゼンテーションの実践的な実習を、日常診療では、乳幼児の採血等基本的な手技を取得できるようにしている。
  • クルズスは、病棟実習BSL以外にも適宜行っている。
  • レジデント教育として、小児外科の基礎研修と臨床研修を行っている。
    小児の採血等基本的手技の習得、消化管造影検査、超音波等の各種検査手技の習得、術後管理(体液出納バランス、呼吸管理、ドレーン管理等)の習得、ソケイヘルニア、中心静脈カテーテル挿入、虫垂炎等の基本的手術手技の指導を行っている。また、興味深い症例に関しては、積極的に学術集会で発表するよう指導している。

関連組織

  • 大学院医学研究科/博士課程地域医療学系病態機能外科学小児外科学

診療科案内

連絡先

自治医科大学医学部外科学講座小児外科学部門
電話:0285—58−7371(医局)
FAX:0285-44-3234
ped-surgery@jichi.ac.jp

講座オリジナルサイトへのリンク

医学研究科研究室紹介