医学部

HOME > 医学部 > 医学部の紹介 > 学科目・講座紹介 > 共同研究講座 > 免疫遺伝子­細胞治療学­(タカラバ­イオ)講座

免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座

免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座

講座名

免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座(共同研究講座)

講座・部門紹介

免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座は、キメラ抗原受容体(CAR)発現Tリンパ球を用いた遺伝子治療の研究開発ならびに臨床開発を推進することを目的として、平成23年4月1日付でタカラバイオ株式会社からの寄附金により寄附講座として設置され、平成26年度からは共同研究講座として運営をしております。悪性リンパ腫などの造血器腫瘍を対象としたCAR遺伝子治療の臨床開発や、新規のCAR関連技術の研究開発を行っています。

本共同研究講座は、小澤敬也客員教授が総括を務めています。また、内科学講座血液学部門の大嶺 謙准教授(兼務)が臨床プロトコールの作成と臨床研究の実施を担当し、本講座本務の内堀亮介特命講師がCAR遺伝子治療技術の研究開発に取り組んでいます。

スタッフ

客員教授 小澤敬也 准教授(兼)大嶺謙 特命講師 内堀亮介

研究紹介

高効率遺伝子導入法であるレトロネクチン®法を基盤技術とした遺伝子治療の商業化に取り組んでいるタカラバイオ株式会社と共同で下記項目に関する研究を実施します。

  1. 悪性リンパ腫(難治性B細胞性悪性リンパ腫)に対する、キメラ抗原受容体(CAR)発現Tリンパ球を用いた遺伝子細胞治療法(CAR遺伝子治療)の臨床開発
  2. 抗腫瘍活性を増強させるための新規CAR遺伝子治療技術の研究開発
  3. 成人T細胞性白血病/リンパ腫(ATLL)、多発性骨髄腫等を対象としたCAR遺伝子治療技術の研究開発

CAR遺伝子治療は、キメラ抗原受容体(CAR; Chimeric Antigen Receptor)の遺伝子を患者のTリンパ球に導入し、その遺伝子操作Tリンパ球を体外で増やして患者に戻すという治療法(いわゆる養子免疫遺伝子療法の一つ)です。近年、海外では臨床試験の事例も増えてきており、有効性を示す研究データの報告もなされています。CAR遺伝子治療には、ヒト白血球抗原(HLA)の型に依存せず、T細胞受容体(TCR)遺伝子治療よりも多くの患者に適用することができるといった特徴があります。
尚、難治性B細胞性悪性リンパ腫に対する臨床開発は、米国のメモリアル・スローン・ケタリング癌センター(MSKCC)との国際共同研究です。

教育担当分野

  • 本研究プロジェクトに参加する大学院生を受け入れます。

関連組織

  • 医学部 内科学講座血液学部門
  • 分子病態治療研究センター 遺伝子治療研究部

診療科案内

連絡先

自治医科大学
免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座
TEL: 0285-58-7598
FAX: 0285-40-6625