自治医科大学-内科学講座 / 循環器内科 腎臓内科 消化器内科 呼吸器内科 神経内科 血液学 内分泌代謝科 アレルギー膠原病学

自治医科大学 内科学部門 自治医大 TOP | Mail

内科学講座 TOP > 研修プログラム

・ ジュニア・レジデント(初期研修)
・ シニア・レジデント(後期研修)
・ レジデント報酬について
・ 初期臨床研修医セミナー
・ レジデントカンファレンス

ジュニア・レジデント(初期研修)

内科9科(循環器内科、腎臓内科、消化器内科、呼吸器内科、神経内科、血液科、内分泌代謝科、アレルギーリウマチ科、感染症科)は、いずれの科も専門医が充実しており、豊富な症例が経験できます。さらに総合診療内科を加えた内科系10科のうちから2年間で3-8科を研修します。
下はローテーション例です。各科の順番は各研修医で異なります。
(専門医取得など各自の希望を調査し決定します。)




自治医科大学附属病院 初期臨床研修の項を参照


シニア・レジデント(後期研修)

2018年度より新しい内科専門医制度が始まります。未確定の部分もあるため、決まり次第追加情報をお知らせいたします。原則的に、内科系10科(循環器内科、腎臓内科、消化器内科、呼吸器内科、神経内科、血液科、内分泌代謝科、アレルギー・リウマチ科、感染症科、総合診療内科)のうちから希望する科を選択して研修する形式は今までと変わりません。その診療科に入局することになりますが、内科の中でのサブスペシャルティを決めかねている方は、比較的自分の希望に近い科、もしくは研修委員会で指定した診療科に所属(仮入局)していただいた上で、研修することも可能です。いずれの科にも指導医が多数在籍し、専門研修が充実していることはもとより、入局後の学位取得などの面でもきめ細かく指導することが可能です。各診療科の研修プログラムは新しい制度を意識して、それに対応可能なものとなっています。その概要はこちらをご覧ください。

一次審査を通過した当院の内科専門医研修プログラムはこちらをご覧ください。専門医機構による二次審査で今後変更がある可能性もございますのでご注意下さい。

【募集要項】
詳細は確定次第掲示致します。後期臨床研修を希望される方は、こちらに情報をアップしますのでご参照下さい。基本的に日本専門医機構の専攻医登録システムを介した応募となります。募集開始は2017年10月1日となる予定です。
二次募集、三次募集に関する日程はまだ確定しておりませんので、分かり次第こちらにもアップ致します。

<締め切り>
一次募集の締め切り日はまだ公表されておりません。応募者には追って選考日、場所を連絡します。




レジデント報酬について

1. 報酬月額(栃木の附属病院勤務の場合)

ク ラ ス 月              額
基本給 地域手当 医師手当
ジュニア1 214,000円 12,840円 30,000円 256,840円
ジュニア2 222,700円 13,362円 30,000円 266,062円
シ ニ ア 1 241,200円 14,472円 40,000円 295,672円
シ ニ ア 2 251,200円 15,072円 40,000円 306,272円
シ ニ ア 3 263,300円 15,798円 40,000円 319,098円

(注)地域手当相当額を報酬に加えたものを報酬額とする。
地域手当相当額=基本額×6/100、(さいたま医療センターの場合=基本額×15/100)


2. 宿日直手当

ジュニア 従事1回につき 10,000円
シ ニ ア 従事1回につき 20,000円
  センター当直 従事1回につき 25,000円

※但し、5時間未満の場合は、上記金額の半額

3. 賞与
基本給(調整手当含)×期別支給割合×勤務期間別支給割合

 ① 期別支給割合

基準日 支給割合
ジュニア シニア
期末手当 期末手当
6月1日 1.225月 2.045月
12月1日 1.375月 2.195月
年間 2.6月 4.24月

※レジデントについては、期末手当のみ


 ② 勤務期間別支給割合

勤 務 期 間 割 合
6月1日 12月1日
6箇月 6箇月 100/100
5箇月以上6箇月未満 5箇月以上6箇月未満 80/100
3箇月以上5箇月未満 3箇月以上5箇月未満 60/100
3箇月未満 3箇月未満 30/100

4. 休 暇 
・有給休暇:一年次15日、二年次20日
・夏期休暇:有り
・年末年始:有り
・大学創立記念日:5月14日
・その他:傷病休暇、産前産後休暇等



初期臨床研修医セミナー(平成27年度より開催)

セミナーの概要

平成27年度より、初期臨床研修医を対象としたセミナーを大幅に充実した内容に改変して、開催しています。臨床研修医の到達目標である、「患者の呈する症状と身体所見、簡単な検査所見に基づいた鑑別診断、初期治療を的確に行う能力を獲得する」を実現するために、経験が求められる症状・病態・疾患に関する知識を獲得できる内容としています。初期研修の到達目標に記載のある「経験すべき症状・病態・疾患」をもとにレクチャー内容を選定し、全診療科が教育に参加しています。経験したことを確認し、基礎をかためたいシニア・レジデントの参加も歓迎しています。


平成29年度初期臨床研修医セミナー開催予定表

曜日 内容 担当診療科
4 14 カルテの書き方 総合診療内科
  28 症例プレゼンテーション 総合診療内科
5 10 感染症の基本①発熱患者のフォロー 感染症科
  12 感染症の基本②細菌検査のオーダー、培養の見方 感染症科
  17 感染症の基本③肺炎 感染症科
  19 感染症の基本④CRBSI 感染症科
  24 感染症の基本⑤下痢、CDI 感染症科
  26 感染症の基本⑥尿路感染症 感染症科
  31 感染症の基本⑦SSTI 感染症科
6 2 感染症の基本⑧抗菌薬ABC 感染症科
  7 輸液と電解質の基礎 腎臓内科
  9 酸・塩基平衡の基礎(血液ガスの読み方) 総合診療内科
  14 栄養管理(経静脈栄養と経腸栄養) 消化器外科
  16 胸痛患者の診かたと循内にコンサルトすべきECG 循環器内科
  21 DICの患者にどう対応するか 血液科
  23 救急初期対応の基本とピットフォール 救急科
  28 入院患者に多い不眠・せん妄のマネジメント 精神科
  30 神経診察法の実際 神経内科
7 5 腎不全患者で気をつけること 腎臓内科
  7 アナフィラキシーショックとアレルギー疾患 アレルギー・リウマチ科
  12 貧血のアプローチ・血液製剤のオーダーの仕方 血液科
  14 脳卒中患者の診かた 神経内科
  19 黄疸、肝機能障害(薬剤性肝障害、ウィルス性肝炎、胆石) 消化器内科
  21 呼吸困難の患者をどう考えるか 呼吸器内科
  26 深部静脈血栓症、肺塞栓症 循環器内科
  28 心不全の考え方とアプローチ 循環器内科
9 6 動悸の患者を診たらどう考えるか(頻脈、徐脈への対応を含めて) 循環器内科
  8 腹痛、急性腹症 消化器外科
  13 腹痛、便通異常の考え方 消化器内科
  15 急性大動脈解離をみたらどうするか 心臓血管外科
  20 呼吸不全アセスメントとマネジメント 集中治療部
  22 外傷外科診療の考え方 救急科
  27 画像診断の基本とポイント1 放射線科
  29 頭部外傷と頭部緊急疾患 脳神経外科
10 4 画像診断の基本とポイント2 放射線科
  6 頭痛のマネジメント 神経内科
  11 画像診断の基本とポイント3 放射線科
  13 ケーススタディーで学ぶ皮疹の見かた 皮膚科
  18 ショックのアセスメントとマネジメント(動作作動薬ふくむ) 集中治療部
  20 消化管出血が来たらどうするか 消化器内科
  25 腰痛(Red Flagを中心に) 整形外科
  27 救急・プライマリケアで活かせる形成外科の知識 形成外科
11 1 内分泌異常のマネージメント 内分泌代謝科
  8 糖尿病薬の使い方の基本 内分泌代謝科
  10 ステロイド薬の使い方 アレルギー・リウマチ科
  15 整形外科プライマリ・ケア(どう考え何をオーダーすればよいか) 整形外科
  17 精神科のcommon diseaseの診かた 精神科
  22 実地で役立つ血圧管理 循環器内科
  24 外用薬の使い方 皮膚科
  29 初期対応が重要な産婦人科疾患 産婦人科
12 6 Road to become a docter in the Unites States 卒後
  13 USMLE医学英語セミナー 卒後
1 10 耳鼻咽喉頸部疾患編(めまい、鼻出血、気道管理を中心に) 耳鼻咽喉科
  17 画像診断の基本とポイント4 放射線科
  19 泌尿器プライマリケア 泌尿器科
  24 胸腔ドレナージの基本的な考え方 呼吸器外科
  31 臨床病理はなぜ重要か(オーダー時の注意点を含めて) 病理診断部
2 2 こどもの診かた(Common disease編) 小児科
  7 こどもの診かた(救急外来編) 小児科
  9 小児の急性腹症(外科疾患) 小児外科
  14 眼科Common diseaseと初期対応 眼科
  16 咽喉頸疾患編(Redflagと緊急対応が必要な疾患を中心に) 耳鼻咽喉科
  21 気管内挿管が困難な場合の対処法 麻酔科
  23 コミュニケーション・スキル(臨床心理士) 緩和ケア部
  28 緩和ケア・疼痛コントロールのコツ 緩和ケア部

〈連絡・注意事項〉
飲食が可能な部屋なので昼食を食べながら受けることが出来ます。昼食をご持参いただいても構いませんが、こちらで軽食も用意しております。



レジデントカンファレンス (旧モーニングカンファランス)

(平成27年1月~ モーニングカンファレンスがレジデントカンファレンスに変更になりました)
内科では火・木曜日の12:30~13:00に症例検討会を行っています。
大変充実しており、内科全般にわたる生涯学習の良い機会となっています。
ジュニア・シニアを問わず、レジデントにとって有用なカンファレンスであり、認定医・専門医受験の際も抜群の効果を発揮します。

<レジデントカンファレンス>
【2017年】 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月
【2016年】 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月
【2015年】 01月 02月 03月 04月 05月 06月 09月 10月 11月 12月

<モーニングカンファレンス>
【2014年】 01月 02月 03月 06月 07月 09月 10月 11月 12月
【2013年】 2013年1月~12月




内科学講座 TOP > 研修プログラム
各講座のホームページ
腎臓内科学部門
消化器内科学部門
呼吸器内科学部門
神経内科学部門
血液学部門
内分泌代謝学部門
総合診療部門
アレルギー膠原病学部門
循環器内科学部門
内科学講座診療連携部門

内科学主任教授挨拶へ
教育プログラムへ
レジデント募集へ

社団法人 日本内科学会 認定教育施設
自治医科大学 内科学講座
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1


copyright©2013 Department of Medicine Jichi Medical University