お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 一般 > 2016年度 > [大学・附属病院] 総合防災避難訓練を実施しました

general

一般

[大学・附属病院] 総合防災避難訓練を実施しました

2016年11月7日

平成28年10月24日(月)、自治医科大学総合防災避難訓練(平常勤務時)を実施しました。午前11時00分に震度5強の地震が15秒程度発生したため、子ども医療センター2階A病棟において物品庫内での医療器材の散乱、窓ガラスの破損、スタッフステーションでのコピー機転倒による下敷き事故、トイレ流し台の漏水発生、病室ドアの開閉障害による患者閉じ込め、調乳室内による火災発生、という想定の下に各種の被害対応訓練を行いました。

同時に、本学の災害対策マニュアルに基づき、統括災害対策本部の下に、附属病院災害対策本部、医学部災害対策本部及び看護学部災害対策本部を設置し、災害発生時の初動における全学的な連携を図ることを念頭に訓練を実施しました。

当日の訓練参加者は約150名で、石橋地区消防組合消防本部の指導・協力を得て、訓練後に講評をいただきました。

今回の訓練で、各部署が防災に対する意識を持つとともに、問題点を把握する有意義な機会となりました。

  • 附属病院災害対策本部
    附属病院災害対策本部
  • 地震発生直後
    地震発生直後
  • 消火活動
    消火活動
  • 避難誘導
    避難誘導