お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 一般情報 > 2019年度 > [医学部] 卒後ワークライフバランスについて考える会2019 in Jichiを開催します(6/30)

general

一般

[医学部] 卒後ワークライフバランスについて考える会2019 in Jichiを開催します(6/30)

2019年6月3日

卒業後の義務年限の履行と様々なライフステージの変化への対応が求められる中、卒業生をお招きして、「卒後ワークライフバランスについて考える会」を開催します。

今回はテーマを「ワークライフバランスとキャリアの進展〜どんなLIFE?〜」とし、義務年限中の勤務はすべて精神科で勤務し、現在は公衆衛生学の道を進む医師、自治医大の同級生と結婚協定を締結している卒後4年目の医師、離島での一人診療所勤務の経験もあり、2人のお子さんの父でもある医師の3名を演者に招き、ご講演いただきます。

講演者の卒業生
講演@ 岩手県28期 田鎖 愛理先生(岩手医科大学・公衆衛生学)
義務年限中はすべて精神科で勤務、卒後は大学講師として活躍
講演A 茨城県39期 神徳 穂乃香先生(茨城県立こども病院・小児科)
卒後4年目、同級生と結婚協定を結び、現在は小児科で勤務
講演B 山口県25期 中嶋 裕先生(山口県立総合医療センター・へき地医療支援部)
男性で育児休暇を取得、離島での勤務経験も豊富なお父さんドクター

参加対象者:医学部学生、卒業生、教職員(男女問いません)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。