ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2011年度 > [医学部] 間野博行教授が平成23年度高峰記念第一三共賞を受賞しました

research

研究情報

[医学部] 間野博行教授が平成23年度高峰記念第一三共賞を受賞しました

2012年2月8日

公益財団法人第一三共生命科学研究振興財団の平成23年度高峰記念第一三共賞に分子病態治療研究センターゲノム機能研究部の間野教授が選ばれました。

昭和58年に設立された第一三共生命科学研究振興財団は、その設立20周年を記念して平成15年度から毎年1名に高峰記念第一三共賞を授与しています。この学術賞は、タカジアスターゼを発見し三共株式会社(当時)の初代社長となった高峰譲吉博士の研究業績を顕彰して設立されたもので、疾病の予防と治療に顕著な功績を挙げた研究者に贈られます。本年度は間野教授を中心とした本学ゲノム機能研究部の研究課題「肺がん原因遺伝子の発見と分子診断法・分子標的療法の実現」が選出されました。なお高峰記念第一三共賞受賞式は本年2月8日に東京都内にて執り行われました。