ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2011年度 > [医学部] ゲノム機能研究部の論文がNature Medicine誌に掲載されました

research

研究情報

[医学部] ゲノム機能研究部の論文がNature Medicine誌に掲載されました

2012年2月13日

この度、分子病態治療研究センターゲノム機能研究部の論文がNature Medicine誌オンライン版に2012年2月13日に掲載されました。ゲノム機能研究部は2007年に肺がんの新規原因遺伝子EML4-ALKを発見し、その成果は抗がん剤開発史上最速のスピードで米国での特異的阻害剤承認・販売にいたりましたが、その後もEML4-ALK以外の新たな治療標的の探索を行っています。このたび公益財団法人がん研究会がん研究所の竹内賢吾博士らのグループと共に、肺がんにおける新たな4種類のROS1融合チロシンキナーゼおよび2種類のRET融合チロシンキナーゼを世界に先駆けて発見することに成功しました。今回の発見によって、EML4-ALKに対するALK阻害剤のような、全く新しい、しかも有効性の高い分子標的療法が肺がんにもたらされると期待されます。

[参考]

  1. 科学技術振興機構 プレスリリース情報
    http://www.jst.go.jp/pr/announce/20120213/index.html 別ウィンドウ表示
  2. Nature Medicine誌 ホームページ
    http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/index.html 別ウィンドウ表示
    Takeuchi K, Soda M, Togashi Y, Suzuki R, Sakata S, Hatano S, Asaka R, Hamanaka W, Ninomiya H, Uehara H, Choi YL, Satoh Y, Okumura S, Nakagawa K, Mano H, Ishikawa Y. “RET, ROS1, and ALK fusions in lung cancer” Nat Med, Epub ahead of print.