お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2012年度 > [医学部] 間野博行教授が第17回慶應医学賞を受賞

research

研究情報

[医学部] 間野博行教授が第17回慶應医学賞を受賞

2012年9月11日

慶應義塾医学振興基金の第17回慶應医学賞に分子病態治療研究センターゲノム機能研究部の間野教授が選ばれました。
慶應医学賞は医学の発展に顕著かつ創造的な業績を挙げた研究者を毎年2名顕彰します。平成24年度で第17回を迎えますが、既にこれまでの受賞者から6名のノーベル賞受賞者を輩出しており、米国のラスカー賞と並んで「ノーベル賞の登竜門」として世界的に最も権威のある科学賞となっています。
本年度は間野教授を中心とする本学ゲノム機能研究部における研究「肺がん原因遺伝子EML4-ALKの発見と分子標的治療への貢献」が選出されました。なお第17回慶應医学賞授賞式は本年11月29日に東京都内にて執り行われます。